【GW限定】浜松まつり開催中の渋滞回避ポイントについて

 

連休中に「浜名湖で釣りがしたい──」て人もいるでしょう。

ところがGW中は、浜松市が観光客数で全国トップクラスになるタイミングで、市内の車移動もままなりません。

その核となるのが浜松まつりです。

 

現地の渋滞回避策は、地域住民に聞いたほうがはやい。

てことで地域住民の私が、なるたけスムーズな釣行や観光ができるよう、クソ渋滞ゾーン回避をアドバイスします。

スポンサーリンク

GWに自動車で浜松市に来るのはあまりオススメしない理由

通年5月3~5日は浜松まつりが開催されます。中田島公園での「凧揚げ」が有名。

 

そちらはあまり関係なく、渋滞の核は夜の「御殿屋台」。

参加する町が浜松駅前に向けて屋台を曳き、市内を練り歩きます。

簡単にいえば、方々からデコトラが一斉に徐行しつつパレードするようなもの。

 

これにより、道路上の屋台回避や町内の交通規制があり、予想しにくい渋滞が散発します。

──の理由で、車を使った移動はオススメしません

でも浜名湖や遠州灘で釣りをするなら、交通機関より車の方がまだ楽です。

 

というわけで、渋滞ポイントをざっくり説明して、スムーズな車移動方法をアシストします。

祭り期間中に必ず渋滞するポイント

浜松まつり期間に、渋滞が起きやすいポイントはこんな感じ。

 

浜松祭り説明1

 

GW期間の観光客数は、地味に全国トップクラス。

車社会の都市なので、中心部に近づくほど信号交差点が無駄に多く、交通集中により、全域で自然渋滞が起きやすい。

圧死しそうでも目的地に近づくだけ、満員電車の方がマシだと思うんですが……。

3箇所の渋滞回避ポイントを説明

では渋滞回避のポイントを説明します。

①御殿屋台練り歩きゾーンの回避テク

車で浜松駅周辺に近づくのは、日中なら16時まで

17時以降は通行止めの規制が敷かれるし、屋台も集まり出すので、行くも地獄──帰るも地獄になります。

市内を車で移動するなら日中にしましょう

終了した21時以降も、地元に戻る屋台と観光客がブッキングして、高速道路と国道1号線などのバイパスは混みやすい。

東西への大移動は、22時以降からはじめるほうが若干マシです。日付が変わる頃は大丈夫。

 

要するに、市内への移動をスムーズにしたいなら0~8時くらいしかありません。

範囲外は普段の倍以上ほど移動時間を見積もっておきましょう。

②マイカー規制がある凧揚げゾーン

マイカー規制は凧揚げ会場へ直接の場合。通過するだけなら問題ありません。

国道1号線に規制はないけど、会場から東方面は信号多めで、もともと自然渋滞が起きやすいポイント。

海岸沿い道路のほうが、信号がないため渋滞回避に使えます。

 

問題は天竜川を渡る2つの橋。

どちらも国道150号線ですが、一般道の「掛塚橋」と、有料の「新掛塚橋」があります。一般道のほうは渋滞の名所

磐田方面から浜松に入るなら、新掛塚橋を使ったほうがマシです。

料金も普通車まで100円ですから、気軽に利用してください。

※参考遠州大橋料金表|静岡県道路公社

 

凧揚げ会場へは、浜松駅から出発するシャトルバスを利用してください。

※参考会場までのアクセス|浜松まつり公式

 

駐車料金は大都市よりは安いけど、駅前にそれほどキャパがないので、一駅離れた所を利用する手もあります。

③理不尽な渋滞をするレジャーゾーン

弁天島─雄踏─村櫛を繋ぐ浜名湖大橋は、橋上に信号交差点があるため、交通集中により渋滞しやすい。

潮干狩りシーズンの週末時は、だいたい混みますね。

GWと夏休みの大型連休は、おにちく交差点を起点に、弁天島と雄踏はこんな感じで渋滞します。

 

おにちく交差点

 

今まで経験した最長がこんな感じ。

端から橋の交差点を越えるまで30~60分かかります。ギャグじゃねぇ。

交差点からガーデンパーク(村櫛)に向かうなら大丈夫、逆から来る場合も大丈夫です。

 

浜名湖沿岸は無料の潮干狩り場もあるため、シーズン中の週末はだいたい混みます。

画像の地域は、「弁天島の潮干狩り」開催中だとさらに倍。

 

この橋は愛知方面から志都呂イオンに向かう最短ルートのため、弁天島と雄踏の相互交通はまいど混んでますね。

 

GW中にここ(橋)を通過するなら、もれなく1時間はかかるので要注意。(平常10分以内)

みんな大好きのイオンに行くだけなら、R1バイパスの「坪井IC」を降りて北上するのが断然早いです。

ガーデンパークに行くのも同様で、三ヶ日からぐるりと進むか、「はまゆう大橋(有料)」を利用しましょう。

※参考はまゆう大橋料金表|静岡県道路公社

【まとめ】GW中に車で来るなら1.5倍は時間に上乗せすること

浜松まつり期間に市内観光する場合、スケジュールの移動時間は、参考時間の1.5倍見積もりましょう

旅行雑誌の移動時間が「20分」なら、設定は最低30分。40分以上なら余裕が産まれるし、後ろのリスケも楽になります。

GW中の車移動は、普段の倍近く時間がかかるので、引きこもってるか電車で遊びに行くほうがマシ(地元民並感想)。

 

市内で渋滞しやすいポイントは固定されていて、抜け道も多くあります。

Googleマップのナビを使うほうが渋滞回避能力は高い。けれど、運転に慣れない人を容赦なく細い道に誘うリスクもあります。

まあ観光地の最終地点(例えばパルパルとか)に行くなら、それもあまり意味はないです。

遠州灘サーフの浜松エリアで釣りをする人向けの注意点

 

浜松市沿岸域防潮堤整備事業 海岸利用する方へのお知らせ

遠州灘の砂浜に立ち入れる場所は、上記HPを参照してください(他力本願)

 

要点をいうと、凧揚げ会場の中田島公園駐車場が閉鎖&マイカー規制されます。

工事休止中なら、「卸本町」「トビオ」「篠原」「舞阪プラント」「表浜駐車場」の海岸通り抜けが利用できるはず。

サーファーも多く訪れるので、駐車場が広い「表浜駐車場」がベスト。

 

ちなみに今切口から西は湖西市。

そこから伊良湖岬までは通行止め以外、制限なく入れるので、GW中の浜松沿岸で渋滞と格闘しつつサーフルアーをする理由もないと思います。

 

地域ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生