えっ?釣った魚を売ると地域経済に貢献できるの?

「ツッテ熱海」の取り組みがおもしろい。

その取り組みは、釣った魚を地域で使える商品券に交換できる仕組み。観光+魚釣りの旅行パッケージとして優秀ですね。

釣りが盛んな地域で流行れ……!

確実に地域へ還元する釣魚買取サービス「ツッテ熱海」

熱海市でスタートした「ツッテ熱海」は、釣魚買取を行う観光客向けのサービスです。

買い取った代金は、熱海市内で使えるクーポン券に交換されます。

クーポン券は熱海市の提携店でしか使えません。だから地域へ確実にお金を落とすことになります。これは地域経済の活性化もまったなしですよ。

ちなみに釣った魚(売った魚)はどうなるのかっていうと……。

調理してくれる店もあるし、釣魚として地元なり出荷で消費されます。いわば漁師の代行をしている形ですね。

ツッテ熱海で賢いと感じた部分

ツッテ熱海で「賢い」と感じたのは、釣船と提携していること。

熱海は沿岸部に有名な釣り場が多いけど、釣れる可能性は100%じゃありません。魚が常に居るとは限らないからね。

釣船は魚を探すことが容易い利点があります。取り組み的に「確実に釣ってほしい!」の思いがあるからこそ、釣船と連携しているのは賢いですよね。向こうにメリットがあるかは不明ですが……。

そして、釣った魚を料理してくれる飲食店があること。

自分で釣った魚だし、鮮度が保証されていることが大きい。新鮮なほど魚の臭みは少ないため、臭いが苦手な人も、本当に美味しい魚料理に出会えることができるでしょう。

これは魚食文化の振興もかねるのでは?

ツッテ熱海|あたみニュース
釣った魚をクーポンに♪

熱海・伊豆エリアで狙いたい高級魚

釣船は岸釣りよりも、簡単に大物を釣ることができます。

仕掛けを投げる必要がなく、落とすだけでいいから、簡単なレクチャーで釣りをはじめることができます。初心者にとって導入が簡単なのは嬉しいですよね。

船酔いリスクこそありますが、出船できればほぼ釣れるわけだし、大物も期待できます。

そしてなにより……、船から狙える魚は高級魚が多い!(これ大事)

伊豆エリアといえばキンメダイが代表格。船釣りならキンメダイも狙えます。

ハタやクエなどの底物にも期待できるし、ましてや鮮度を活かした刺身なんて、このタイミングでしか食べられませんよ。

これからの釣魚買取サービスの形

ところかわって長崎県の五島列島──。

こちらはスマートフォンアプリを利用して、観光客向けの釣魚買取サービスをはじめています。

観光客が釣った魚を出張買い取り 長崎・五島
五島列島で特産品のネット通販などを手掛ける五島列島上五島SHOP(長崎県新上五島町)は24日から、県外からやって来た観光客らが釣り上げた魚を買い取るサービスを始める。購入した魚は自社サイトなどを通じ全国に販売。クーラーボックス無しでも気軽に釣りを楽しめるようにして地域活性化につなげる。買い取るのは新上五島町で釣り上げた...

「釣った魚をその地域で売る」

この取り組みは、昔こそ”当たり前”の小遣い稼ぎでしたが、今は買い取るシステムがないし、衛生管理も面倒だから、釣魚の買取は廃れてしまいました。

それが最新になると、地域経済を動かすカンフル剤になりえるサービスとして動き出している。……時代は繰り返すものですね。

観光に魚釣りを組み込む方法の未来

個人的には、これからの釣りは「海上釣堀」とか、管理釣り場がメインになっていくと考えています。

アングラーの方々は知っての通り、漁港や川べりなど、気軽に釣りができる場所は縮小傾向です。

近年は個体数の減少もあり、”釣れにくさ”は年々ひどくなっている感じ。

自然で釣ることも意義ですが、魚が居ると約束された管理釣り場は、魚釣りの楽しさを継承するため、必須になる場所になると思います。

ようは「確実に釣れる」の保証さえあれば、魚釣りがつまらなくなることはないわけですよ。

大勢のユーザーは、魚を釣ることが楽しみです。

道具を集めたり愛でるタイプは少数派だし、玄人の領域であることをお忘れなく。

ニュース

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
★Amazon売れ筋ランキング★
とある浜松アングラーの一生
error:Content is protected !!