MAMORIOがロッドやリールに内蔵されればなって

釣具の盗難に遭った報告例は多い。

釣具は高級になるほど盗まれやすくなるわけで、何より難しいのは「本人所有」を証明しづらいこと。紛失・盗難予防策として、GPS発信機でも埋め込んでもらいたいものです。

……ん? MAMORIOならできるんじゃね?

スポンサーリンク

盗まれないようにするか、盗まれてもいいようにするか

盗難されても個人で解決するのが難しいのは、盗品を自己所有であることを証明すること

ロッドやリールなどの釣具には、製造番号なりシリアルナンバーが刻印されていることが大半。これがあれば、あなたが所有している証明にはなります。でも暗記している人はまずいないでしょう。

ここで活きてくるのは、「物には自分の名前を」と、子供の頃からの教え。

相手が持っているタックルを、あなたの物だと証明する──もしくは、どこにあるかを探すには、発信機でもつけておけばいいことになります。

今ならあるんですよ。スマホで紛失物を探せるアイテムが……。

世界最小の忘れ物防止タグ「MAMORIO」

MAMORIO」はスマホアプリを通じて、ある一定の距離を離れると通知してくれる忘れ物防止アイテム。

MAMORIO | あなたの大切なものを守る世界最小クラスの紛失防止デバイス
MAMORIOはみんなのスマートフォンのネットワークとAIであなたの大切なものを守る世界最小クラスの紛失防止デバイスです。

仮にそこに置いた釣具を盗まれた場合、一定距離を離れた時点でスマホに通知が届きます。対象物とスマホが離れることで通知が鳴るので、忘れ物の防止になるわけです。

探すにはアプリを通じて、タグが通信可能な範囲にいれば、MAP表示でどこにあるかもわかります。

MAMORIOの良いところは小型なこと。

親指と同じくらいの大きさなので、ロッドのグリップエンドやリールシートに仕込むことができますね。工夫すればリール内部やスプール裏にもいけそう。

忘れ物防止タグを釣具メーカーが導入してくれればなぁと思う

忘れ物防止タグは”後付”できるのがメリット。

でもぶら下げておくだけでは、盗まれた時にブチッと引きちぎられて終わることも考えられます。

なら見えないところに内蔵しちゃえばよくない?

Appleも「AirTag」を発売したことだし、忘れ物防止タグはもっと普及していくことでしょう。あらかじめ製品にタグを仕込んでおくことで、紛失物がより探しやすくなります。

AirTag
あなたの鍵やリュックなど、毎日よく使う物にAirTagを取りつけると、「探す」アプリで簡単に探し出せます。

問題点が無いこともありません。内蔵電池が切れていると発信・受信ができないので注意が必要。

個人で探しやすくなった時代にはなりましたが、盗人と直接対峙しても、「本当にお前の物なの?」と逆ギレされると面倒だから、警察に頼るのがベストです。

デジタル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生