スマホ「盗まれたタックルを探す?」

釣具の盗難に遭った報告例は多い。

忘れて置き引きパターンが多いだろうけど、釣りをしている最中にパクられたとか、車のガラスをぶち破って盗まれたケースもあります。

 

高級釣具ほど盗まれる危険性が高いわけで、それならメーカー側が事前に、紛失・盗難予防策としてGPS発信機でも埋め込んでもらいたいものです。

幸い自分はありませんが、道具が安いからでしょうね(予防)。

スポンサーリンク

盗まれないようにするか、盗まれてもいいようにするか

盗難されても難しいのは、盗品を自己所有であることを証明すること

例えば「限定製造ン千本」のロッドなら、シリアルナンバーがあるはずなので、それを控えていれば証明になります。

でも大量生産で同じ製品が多いのが現状。それでも証明するなら、傷の特徴や指紋が一致しない限り、たとえ本人でも難しくなる。

 

……てことで「物には自分の名前を」と、子供の頃から教えられるわけです。

名入りのロッドやリールを所持する人は見たことがないし、中古でもまず見ない。──ウキだと見たことがあるな。

 

盗まれてもいい盗難防止策とは、所有を証明する物、追跡できる材料をあらかじめ用意しておくこと。

盗まれないようにする盗難防止策とは、銀行の大金庫やネットワーク上の個人情報など、わかりやすい場所に価値ある物を置くなら、盗まれないよう厳重に予防線を張ること。

 

警備に保守が重要だから、”盗まれないようにする”ほうがコストはかさみます。

”盗まれてもいいようにする”のは個人の気概次第。だからこそ油断が命取りになります。

釣具を盗まれてもいいようにする発想

値段が高価な釣具のほとんどは本体にシリアルナンバーが刻印されています。ロッドは無いほうが多いですけど、リールは装着して隠れる部分にあります

シリアルNoといっても、製造国・年月日を断定できる程度だし、剥がしたり削ったりするのは容易、完全に追跡できる証拠としては少し──いや弱く、でも無いよりはマシ

それがわかる説明書・保証書や写真を保存しておけば、盗まれた品かもしれないのをオークションなどで見かけた際、自己所有であるひとつの証拠になります。手書きのメモより今は写真のほうが証拠として無難です。

 

とはいえ決定的ではないため、警察や検察の手間が増えるだけで時間がかかります。

もっと……もっと確定的に我の所有物と証明したい! ならもうIoTしかないでしょ

スポンサーリンク

釣具製造メーカーは「MAMORIO」の技術を貰ったらどう?

MAMORIO」はスマホアプリを通じて、ある一定の距離を離れると通知してくれる忘れ物防止アイテム。

GPSを利用せずbluetoothで端末と接続します。スマホが電波を受信することで対象物の位置がわかるし、だからこそ離れるとすぐにわかるようになっている。

電池は内蔵で寿命は約1年。bluetoothなので消費電力も抑えれるのがメリット。

 

MAMORIO | あなたの大切なものを守る世界最小クラスの紛失防止デバイス
MAMORIOはみんなのスマートフォンのネットワークとAIであなたの大切なものを守る世界最小クラスの紛失防止デバイスです。
話題の忘れ物防止タグMAMORIOの効果がすごい!忘れ物・落とし物を追跡してみた!|キヤノンオンラインショップ
|キヤノン公式オンラインショップ販売ページです。5,500円以上の購入で送料無料。お買い物でポイントも貯まってお得。デジタルカメラ・プリンター・各種アクセサリー・消耗品・パーツ等を販売しています。

 

これがまた小型で、親指と同じくらいの大きさ

キーホルダーや財布に入れやすく違和感のないデザイン。だけど形をかえれば、ロッドのリールシートやグリップエンドに取り付けたり、スプールのエコノマイザー代わりにできると思わない?

元のデザインを壊さず防犯も兼ねるなら、良い方法だと思うんですけどね……。

 

物を探す手法として特徴的なのは、ユーザーが多ければ多いほど紛失物が見つかりやすい点。

専用アプリは必要だけど、それが「みんなでさがす」機能で、紛失したと届け出があったタグの電波を受信すると通知するため、おおよその位置が特定できる。そのためユーザーが多いほど効果があります。

釣具なら釣り場くらいしか活用できないので、アングラーの紛失物を別のアングラーが見つけてくれやすいわけ。

 

「MAMORIO」はタグを分離されるとどうしようもない難点はあるけど、あらかじめ製品に内蔵するなら、それも防止できるようになるでしょ?

小型GPSを活用する方法

タックルBOXやクーラーBOXをまるごとパクられることもあるわけで、そういった物にも埋め込みタグは便利ですが、もっと気軽に使える何かが欲しい。

それは車内にあったり、用がなければ自宅に置く機会が多くなるので、すれ違い通信的な半径30m以内で見つかるのは少々難しいところがある。

それなら「GPS発信」しかないでしょ。この分野、実はペット界が先端をいっている。

 

リードを離れて旅立つ犬や脱走を企てた猫は、一箇所にとどまることがほぼないので、探すのに苦労します。

なら居所を追跡できればいい──。

てことで、首輪(につける)タイプのGPS発信機があります。

タックルBOXやルアーケースにキーホルダー代わりにつけておけば、盗まれた時に特定する手段ができます。警察にも説明しやすいですしね。

 

今はこういう防犯装備も低価格で小型化しているから、下手に盗むとすぐ見つかり、一生後悔することになりますよ。

IoTは「個人情報がー」とか「ハッキングがー」などネガティブも多いけど、管理側の不祥事はともかく、正しい使い方をしていれば安全ですし、”人の言うこと”より信用はあるんですよね。

便利なもの
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生