リールポーチ|ロッドに装着したまま使える優れモノ

リールポーチ|ロッドに装着したまま使える優れモノ

リールポーチは本体を傷から守るために装着するモノ。外した状態なら巾着袋で十分、でもロッドに装着したリールにかぶせるのは、専用が欲しくなります。

紹介する製品は、ロッドにリールを装着したまま持ち運ぶことが多い、ルアーメンに投げ釣りマンは「おっ?」と思えるのではないかと。スピニングとベイトそれぞれ用意されているし、大事なリールを細かい傷から守るためにもオススメ!

なんといっても安いし(重要)

スポンサーリンク

リールを装着した状態で使えるポーチは便利でしょ!

紹介するリールポーチは、ロッドにリールを装着したまま使えるのが大きなメリット

リールは収納に困るギアです。特にスピニングは収納したい時、いちいちハンドルを外す必要があったり、リールシートに装着する部分を折りたい衝動がおこることも……。それに比べてベイトは、そのままでも収納が楽なほうですね。

なのでリールを分解しない状態で保護できるポーチは、意外と有能なんですよ。

このリールポーチは、Lサイズはスピニングリール用、SとMはベイトリール用になります。装着した状態でなくともスポンと入るし、値段の割に有能なリールポーチだと思います。

”ネオプレン”なのか”クロロプレン”なのかどっちだよ!(どっちでもいいけど)

セットした状態で運ぶ機会が多いほどオススメ

このタイプのリールポーチで特に需要があるのは、複数本をセットしてタックルを運ぶ、バサー・オフショア・投げ釣りなどですかね。ロックショアで「ガツッ」と岩にHITして後悔しないためにも有効です。

車のロッドホルダーでも、たくさん積むと振動で互いが触れることもあるし、保護のために装着しておくのは有効です。

リールスタンドはワンポイントのおしゃれアイテムとしても有能。

このスタンドを利用しても、リール下部はどうしても地面につくので傷はつきます。本体部分の傷は修理しにくいし、目立ちやすいので、カバーで守ってあげるのをオススメします。

”リールポーチ”で検索したらコレジャナイ感

有名メーカーの製品なら、ポーチ1つで1kくらいしそうだなと思い、密林で検索してみた結果──。

ポーチというかバッグやん? これはリールがたくさん入りそうですねぇ。

飛行機で遠征する時の運搬手段ならアリでしょう。でも普段使いや収納目的でも……使うか? 需要はあるのだろうか……それだけが気になります。

インプレ 釣具全般
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました