ロッドにリールを装着したまま使えるリールカバー

リールポーチ|ロッドに装着したまま使える優れモノ

ルアーマンなら一度は思ったことがあるはず、「ロッドにリールを付けたまま使えるリールカバーが欲しい」と。

……あるよ! スタジオオーシャンマークからとっておきが。

リールを装着したまま使えるリールカバーは便利でしょ!

リールの保護カバーの最適化は悩みどころ。

大抵は新品に巾着袋みたいな物が付属しているので、それを使い続けるのもアリ。でも、リールをロッドから外した状態じゃないと入れることができません。

ロッドとリールは一心同体……。

釣りの最中は、装着した状態で持ち歩くし、そこで傷つく可能性が最も高いわけです! だからリールカバーは、ロッドに装着した状態で使えることがベストであるべきです。

スタジオオーシャンマークのリールカバーは、その条件をキッチリ満たしており、おすすめしたい1品。

ただ、難点もあるんですよ。

タックルが多いほどカバーの種類とコストがかかる問題

リールカバーは、ロッドに装着したまま使える分、サイズの指定が厳し目になります。

「スピニング用」「ベイト用」のみならず、リールのサイズでS・M・Lなどに分類されるため、ジャンルの違うタックルを多く所持するほど選ぶのに困ります。

でもまぁ、細かく考える必要もないでしょう。

1000~3000番が多い淡水ならSでいいし、2000~6000番のショアキャスティングならMで、オフショアで8000番以上使うようならLって感じ。

傷からだけでなく、塩ガミからも守ってくれる

リールカバーは傷から守るものですが、船を使うオフショアだと、走行中に波をかぶることもあるため、海水が直接かかるのを防ぐ役割もあります。

海水は乾燥すると塩を残し、ハンドルやギア部分に入り込むと故障の原因にもなります。

こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、リールカバーは重要な存在といえるでしょう。