釣り人にサプライズでプレゼントをあげるなら何が無難?

釣り人にサプライズでプレゼントをあげるなら何が無難?

とあるマンガの中で、釣りが趣味な彼に「釣り用のウェア」をプレゼントする有能なシーンがありました。大好きな彼のために、魚釣りを全くしない彼女が1人で釣具店に行き、悩んで選択したのがソレだった。読み終えた後にふと思ったんです……

釣り人って何をプレゼントされると喜ぶのだろう……。

スポンサーリンク

釣り人にサプライズであげるプレゼントは何が無難なのか?

釣り用のウェアはわりと高価ですよね。釣りのウェアは性能がいいし、アウトドア全般に使えるから、普段使いにもできるから、かなり有能な贈り物になるでしょう。

ただ私の読んだマンガは社会人カップルです。ウェアは高価だから、高校生カップルならバイトをはじめて新たなイケメン登場! からの寝取られ危機──まで展開は読めますが、小遣いの範疇で済む、もっと安くて有能と思われるプレゼントもあるのではないか?

そんなわけで、アングラーである私が客観的に、プレゼントされて喜ぶコスパもいいアイテムを考えてみました。

アングラーへのプレゼントで失敗しにくい3つのアイテム

  • メジャー(魚の大きさを計るヤツ)
  • フィッシュグリップ(魚を掴むヤツ)
  • プライヤー(そこそこの値段を使うと感動する)

メジャー、グリップ、プライヤー。この3種は一部に需要があるけど、全員が持っているわけじゃない感じ。どれも高価な物じゃないし、あれば便利だから、贈り物として有能なアイテムだと思います。

では1つずつ有能さをアピールしていきましょう。

フィッシングメジャーは意外と持ってない人が多い

SNSに釣果写真をアップする光景も当たり前になりました。

メジャーに当てた魚は存在と大きさの証明。何センチかわかる写真なら、見た人が手元で想像しやすいし、SNSならリアクションももらいやすい。それを意識するアングラーは必需品ですが、大きさにこだわらないと持ってない人が多いです(私も)。

フィッシングメジャーは高くて数千円ですし、なんなら100均で巻き尺を渡すのもアリ。

ルアーメン以外はあまり必要じゃないフィッシュグリップ

フィッシュグリップは素手を使わず魚をつかめるので、手が汚れたり臭いがつくのを防ぐことができます。ルアーの対象魚は肉食系がメインのため歯が鋭いヤツばかり。大半の魚はヒレがトゲトゲしくて、素手で持つことが危ないことがほとんど。そんな時に役立つのがグリップです

選ぶコツとしては、黒くてピカピカなメタルっぽい物がおすすめ。男の中二心を湧き上がらせれば勝ち。大きさと質によって値段もまちまちで、2,000~30,000円くらいの振れ幅があります。

人気で選ぶならピストルタイプかな。

エサとルアーどちらでも有能なプライヤー

魚釣りは細かい作業が地味に多い……。金属製品の開け締めをしたり、魚を針から外す時など、ちょっと力が必要だったりするシーンでプライヤーが活躍します。ここまでで最も必需品かもしれません。

100均でも買えますが、すぐに錆びたり壊れちゃいます。釣具屋で販売している物は、錆びにくいステンレス製がほとんどですし、用途が釣りのために特化しているので、間違いありません。

プライヤーは3,000円も出せば、かなり良い物が手に入ります。だから費用対効果も抜群!

事前に「どこの釣具が好きなの?」と尋問しておいて、好きなメーカーの製品を贈ることで、思いやりをアピールしましょう。

スポンサーリンク

一番欲しいプレゼントは道具じゃない…!

もしサプライズでプレゼントをしたら、「えっ、釣り道具をプレゼントしてくれるの? そんなのいらないよ、むしろ道具一式買ってあげるから、一緒に釣りに行こうぜ!」……なんて展開になるやもしれません。

もしそうなったら、性格を試してみるのはいかがでしょう

他人の気持ちがわかる人なら、初心者向けの釣り堀など安全なポイントに連れていくはず。自己中なら得意な土俵に引きずり込むでしょう。いきなり草をかき分けて崖を降りたり、船の経験もないのに荒波乗船させられたり、延々とオレスゴイトークを繰り広げるかもしれません。

自分の趣味に他人を付き合わせる時、深層の性格が出やすく感じます。接待とかお金の話もそうですね。なので家族連れでニコニコしているパパさんを見ると、「やるねぇ」と感心しちゃいます。

年齢を重ねるごとに少女マンガが好きになった

今記事のインスピレーションは「きっと愛してしまうんだ。(一井かずみ)」でした。

上司と付き合っているオフィスラブ展開からの~~、あのディスティニーがこれして、あまり接点のないイケメン同僚と同居するようになって──という話です。ドログチャ成分は少なく、温かい気持ちで読むことができます。ケンゼン!

少女マンガは10巻程度で完結している作品が多く、読み放題なり喫茶でパッと掴んでイッキ見しやすい所が好き。「付き合った、別れた、また付き合った」のベタ展開でも、キャラクターと心理描写だけで読ませてくる伝統芸能を感じます。

生きているうちに”ひとつなぎの秘宝”の最終回を迎えたいものです。

タイトルとURLをコピーしました