50代アングラー、釣り中に海から現れたイノシシを返り討ちにする

50代アングラー、釣り中に海から現れたイノシシを返り討ちにする

野生のイノシシが海から突然あらわれた!

スポンサーリンク

情報量が多い衝撃ニュース

釣り中に海からイノシシが上がってきたらどうする?

長崎県のアングラーは戦う道を選んだらしい──。オイオイオイ、勝ってるわアイツ。

  • 釣り中に海からイノシシが登場する(!?)
  • 襲われたので抵抗する(??)
  • 格闘の末、イノシシを海中で窒息死させる(!?!?)
  • 勝利したのは50代の釣り人(!)
  • 怪我は負ったが命に別状なし(ヒーロー感ある)
海からイノシシ襲撃、50代の男性釣り客が返り討ちに 長崎
 24日午後、長崎市小江町の岩場で釣りをしていた50代男性が、海から上がってきたイノシシに襲われた。男性は取っ組み合いの末にイノシシを押さえ込み、顔を海につけて…

釣り人がイノシシに襲われた

この衝撃的なニュースは多くのメディアが取り上げており、タイトルの内容も各社で違うのが興味深い。あるがままに「釣り人がイノシシに襲われた」だけもあるし、「イノシシに襲われたが返り討ちに」とか、「イノシシに襲われ大けが」など、伝え方の工夫が見られます。

中でも一番詳しい内容は、こちらの記事かもしれない。

404 Not Found

イノシシと格闘している釣り人を見て、冷静に110番できる人間でありたい。伝え方によっては、警察が「それはギャグでいってるのか?」といわれそう。人のトラブルにカメラを向ける前に、安全確保のための手段を取れる心構えをしておきたいものです。

イノシシから逃げることはできるのか?

イノシシの全力は100m走の世界記録を凌ぐ足の速さ。カメラ目線でゴールをしたウサイン・ボルトよりも速く、一般人どころか、人間が足で逃げることは不可能です。

重量級の生物が時速40km前後で突っ込んでくるんだから、まともに直撃したら腹に穴が空きかねないですよ。牙もあるので陸上格闘も不利です。格闘マンガでよく熊と戦っていますが、猪との記憶はない。もしかして、イノシシは最強の生物なのではないだろうか。

瀬戸内海では度々、泳ぐイノシシが目撃されています。陸上で走るよりも遅いですが、泳ぎも達者なことは確か。

陸上よりも遅いから、海で出会ったら泳いで逃げるのもアリかもしれない。でもライジャケを着ていると動きづらいため、追いつかれて、特に理由もない暴力を受けるかもしれない。これらの情報から考えると、イノシシがこちらに向かってきた場合は、ワンパンかましてビビらせるくらいしか道がないのかもしれない。

──てことは、長崎の釣り人がとった行動は、その場でできうる最良の洗濯だったのかもしれない。

海中にイノシシを窒息するまで抑えこめる釣り人って、一体どんなグラップラーなんだ……。マグロを止めるくらい困難じゃないか?

スポンサーリンク

ぼたん鍋が食べたくなってきた

愛知県の新城市には、一年中イノシシ料理を楽しめる「三河猪屋(みかわししや)」があります。

三河猪家 ししや【公式ページ】愛知県新城市
愛知県新城市の天然猪肉・食事処 三河猪家(mikawa ししや)です。自然の中で育った地元野生の美味しい猪肉。猪鍋、ししヒレカツ定食をはじめ、一般メニューもご用意。野外でバーベキューは爽快。精肉の直売所もございます。。

以前は浜松市でも、北区や天竜区に店はそこそこありました。今は総合的なジビエ料理店として、ぽつぽつ点在している感じ。三河猪屋はしし料理専門ですから、何時いっても食べることのできる安心感があります。長野ならもっと選択肢は増えますね。

店に行くのが難しいのであれば、ふるさと納税の返礼品を狙うのもいかがでしょう。

新鮮な肉なら、火鍋で滋養をかねつつ味わってみたい。

ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました