ウェーディング中に座れるかもしれない|Sitpack ZEN

ウェーディング中に座れるかもしれない|Sitpack ZEN

腰まで浸かるウェーディングをしていると、たまに座りたくなります。

立ち続ければ疲れるのはあたり前だけど、座りたくても座れないウェーディング中はどうすればいいのだろう。

……つっかえ棒があればいいかもしれない。

世界最小の折りたたみ椅子かもしれないSitpack ZEN

Sitpack ZEN」は、折りたたみ傘くらいにコンパクトな椅子です。

実際に見れば、ありそうでなかった発想で面白く、実用的な椅子だとわかります。

世界最小を追求、革新的な折りたたみ椅子 Sitpack ZEN
世界最小を追求、革新的な折りたたみ椅子 クラウドファンディングで話題の製品が登場! お使いのブラウザでは動画を再生できません。   クラウドファンディングで圧倒的に好評だったSitpackがさらに進化! いつでもどこでも持ち運びができるポータブルな折りたたみ椅子、Sitpack(シットパック)。...

これ仕舞寸法が22.2cmだから、フィッシュグリップと大きさはあまり変わりませんね。D管にぶら下げておくこともできるから、陸っぱりのランガンで活躍しそう。

難点があるとすれば、コンクリートや土の上ならまだしも、砂だと埋まっていく可能性が無いことも無い点ですかね。

でも固めな水中の砂なら、ヘドロでもない限りズブズブ沈むことはないかも──。

これならウェーディング中でも、洋々と休憩できるかもしれないですね。

ウェーディングステッキに座る機能を追加すればよくない?

ウェーディングの際は、足元の深さ確認やエイをどけるために、ウェーディングステッキ(スタッフ)を使うのが推奨されています。

まあ、専用じゃなくても、登山やウォーキングで使う「杖」をホムセンで買えば──。そう思ってしまうのも、魚釣りに役立つアイテムとして成長してないから、といえます。

ロッドホルダーになる物もあるけど、ウェーディングベストは大抵ついてし、両手をフリーにしたい時ってあんまりない。深さ確認やエイをどける目的なら、水辺で使えそうな長さの棒を探してもいいわけだし。

でもウェーディングステッキに「座れる機能」があれば、需要が増すと思いませんか?

……とはいえ、中に空気が入っているウェーダーだと、足の力を緩めると潮の力で流されちゃうかもしれませんね。

そう考えると、休憩は面倒でも水から上がるべきかもしれない。安全大事!