もし-22℃の保冷剤があったなら

もし-22℃の保冷剤があったなら

アウトドア向けで-16℃設定の保冷剤はありますが、SHARPの社内ベンチャーが「-22℃」で保温する蓄冷材を開発した模様。なんとドライアイスの代用になるレベル。

冷凍輸送に革新が訪れそう。でも一般には関係なさそう。

スポンサーリンク

TEKION LABが開発した-22℃の適温蓄冷材

エグい蓄冷材を開発したのは、SHARPの社内ベンチャー「TEKION LAB(テキオンラボ)」。開発の経緯は後述しますが、偶然の産物でした。

-22℃に温度を保つ「適温蓄冷材」を開発
シャープは、液晶材料の研究で培った技術をベースに、冷凍輸送時の蓄冷材として活用が可能な融点-22℃の「適温蓄冷材」を開発しました。現在広く使用されているドライアイスの代替品としての活用をはじめ、今後さまざまな用途での活用が想定されます。

現在の冷凍輸送に使われるのはドライアイスか-40℃の保冷剤。これらが抱えるのはコスト面の問題

ドライアイスは低温輸送で効率の良い選択ですが、製造元から買取る必要があるし、必要な量を貯蔵しておく手間もあります。-40℃の冷凍庫は電力も使うし、凍結までのコストもかかります。

適温蓄冷材なら、-25℃環境下で48時間、-30℃設定なら11時間で凍結するため、従来の保冷剤よりも短時間で凍るし、消費電力も少なくなります。

新たに開発された蓄冷材を使うことで、輸送コストの削減に、温室効果ガスの削減など、地球環境への配慮が実現されるわけですね。

家庭で使うのは難しい

-22℃の蓄冷材は、釣り人にとって嬉しい製品かもしれない。

でも家庭用の冷凍庫で凍らせるのは難しい。

家庭用の冷凍室は、JIS規格で-18℃以下と決められています。最大でも-22℃くらいが精一杯。-16℃の保冷剤が多い理由は、家庭用の冷凍庫でも十分凍らせれる限界だからですね。

もし-22℃以下で凍らせたいなら、業務用を買う道もあります……が、電気代もかかるけど本体も高いです。参考に-30℃もいける冷凍庫のページを置いておきます。

https://www.monotaro.com/g/01838444/?t.q=%8B%C6%96%B1%97p%20%97%E2%93%80%8C%C9

それを凍らせることで、なんらかの利益を生むなら別ですけどね。

保冷剤と蓄冷材の違い

SHARPの適温蓄冷材は、剤ではなく「材」を使っています。保冷剤とは別に蓄冷”剤”もあるわけで、「もしかして誤字?」と思えなくもない。

それは日本語が難しいせいもあります。

保冷剤の「剤」は薬剤のことで、「保冷」は物体が温まるのを防ぐ作用をしめしています。蓄冷剤は簡単にいうと、保冷剤の中に入っている液体(’水とゲル剤)のこと。

保冷剤と蓄冷剤……言葉は違いますが、ぶっちゃけ同じです。

「不思議な氷」は冷凍輸送の問題解決へ

適温蓄冷材とあえて「材」を使ったのは、初期に開発された「蓄冷材料」から発展した製品だからかも。

シャープが開発した蓄冷材料が「便利すぎる」とコメント殺到 好きな温度で解けてくれる「不思議な氷」
解ける温度を-24〜28℃まで調整して、対象物を適温にキープ。

これを利用した保冷バッグはすでに製品化されています。

-任意の温度管理(-2℃から25℃で5段階)ができる保冷バッグで、特に飲食店で温度管理が厳しめの飲料(ワインや日本酒とか)を提供する時に役立ちます。

これを使えば、テーブルに置いてある状態でもベストを維持できるため、サービスを追求する店にとっては救世主となりうるかも。

TEKION LAB
TEKION LABの公式サイトです。ヒトやモノの幸せを“ 適温 TEKION ”という切り口で考える研究所です。
保冷・保存
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生