巻くだけでプロのテクを生み出す「アーダトイフェル125F」

 

場所を問わずシーバスには特に強い”邪道”から、「アーダ86」をサイズアップして別物へ進化させた「トイフェル125F」がリリース。

最終テストついでの撮影中、プロト2本のうち、ランカーに選ばせたリップレスMDミノー。

 

スポンサーリンク

売りは”可変アクション”

 

アーダトイフェルは大人しく動くものではなく、とにかくバタバタ動き泳ぎが破綻しやすいアクションが売り。

トゥイッチなどわずらわしいアクションを入れる必要性がないので、オートマティックにプロのような誘いをかけれるルアー。

初心者にも「トゥイッチ入れたりするプロが動かすルアーは、こんな動きしてますよー」みたいな指針にもなる。

 

邪道から可変アクションで魅了するリップレスミノー「ERDA トイフェル 125F」が登場 - 釣りの総合情報サイト「ツリホウ(釣報)」
邪道から、可変アクションで魅了するリップレスミノー「ERDA トイフェル 125F」がリリースされる。スローリトリーブでミドルレンジを攻めるのに最適なルアーだ。

 

ロウディー130Fも同様に”可変ピッチ”が採用されているが、振れ幅はトイフェル125Fのほうが上(向こうのほうが”自然”ではあるけど)。

投げるのにもクセがあるロウディーに対してこちらのほうがアドバンテージがある。

ベイトが大きめな秋から春にかけて、特に日中のリアクションバイトを勝手に狙ってくれるコイツはかなり活躍してくれるかもしれない。

 

 

トイフェルを使ってみたい場所

 

サーフでも使えるけど、流れが少ない港湾部のほうが活かせるでしょうね。

トイフェルのような可変アクションは、流れが均一のほうが効果を発揮しやすい。

波に揉まれることを考えると、多少でも大人しめのほうが勝手にヒラ打ち入れてくれるので、場所によりけり……かな。奥浜名湖と駿河湾なら合っているかなと感じます。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生