やけに重く感じる「XEFOサーフトリッパー」を装備込みで計ってみた

シマノの「XEFOサーフトリッパー」を使っていて、気になることがある……。

こいつ、重くね?

素の状態でも重いのに、道具を含めれば「10kgあるんじゃね?」と感じたので、実際に調べてみました。すると驚くべき結果が……!

スポンサーリンク

XEFOサーフトリッパーを装備して浜を歩くと下半身が鍛えられる

というわけで「XEFOサーフトリッパー」を愛用しております。

こいつを選んだ理由は、収納面と機能がベストなベストだったから(激ウマ)。サーフルアーの神さま的なあの人にあこがれているわけではないし、シマノ大好きなわけでもない……。

使い勝手は重要です!

ではその機能面を語りましょう。

他にはないスマートな見た目と収納が魅力

私が求めているのは「適度な収納」と「シンプル」。

他社のベストは、機能面に申し分はないですが、ユーザーを広告塔にしたい傾向が強すぎて、ぶっちゃけロゴがウザくない? そのメーカーを好きな人をあぶり出すのには使えるけどさぁ……。

いっぽうシマノは、ロゴが目立ちにくく、シンプルで好き。

適度な収納に関しては──

  • 外にプライヤーが出ない!
  • ペットボトルも後ろのポケットに入れれる!
  • ポーチにスマホを入れたまま操作できる!(iPhone6以降は無理)

などが「買い!」と思った理由です。実際使ってもこれらはメリットしかなかったですね。

ではようやく本題です。重いと実感しているベストの重さは?

スポンサーリンク

いつもの装備でサーフトリッパーの重さを計ってみよう

普段の装備内容は以下の通り。

  • 使用済み入れの空ケース1個
  • ジグとスナップが入っているケース1個
  • 薄型でレンジバイブなどを入れているケースが2個
  • 普通サイズのにはミノープラグを詰め込んだのが1個
  • フィッシュグリップ、プライヤー、ストリンガー、タオルや袋など小物

これら全てを持ち歩くと、一体どれだけの重さを一身に受けているのだろうか?

計りなんてないので0.5kg表記の体重計に乗って調べてみた

結果です!

  • 何もなしのベスト【2kg】
  • フル装備【4kg】

うーん? 4kgと叩きつけられると、途端に「大したことねぇな」と思えてきます。しかし常時4kgを身につけていると考えると、なかなか酷な修行じゃないですか。

購入を検討しているなら、ノーマルで2kgあることを考慮して頂きたい。軽量を謳うベストに比べれば、倍近く思いからね。

ベストの重さ軽減はベルトの機能美に託されている

フィッシングベストは道具を入れるため、重くなるのは仕方がありません。

体重を支えるのは自身の足腰。ベストの重さを支えるのは肩!

……と思われがちですが、腰ベルトがしっかり下半身をホールドしてくれると、腰痛軽減になります。ベストの重さが下半身に行くため、上半身が自由になりやすいメリットがあります。

なのでベストを選ぶ時は、腰ベルトが厚めでクッション性が高い物を選ぶと、(身体が)幸せになれるはずです

スポンサーリンク

最後に──新作の「トリッパーゲームベスト」は微妙?

サーフトリッパーが廃盤になったぽく、新しく「トリッパーゲームベスト」となりました。

まぁ確かにイイ物だけど、これならシーバス向けで十分だよね──

ゼフォー トリッパーゲームベスト | 固型式フローティングベスト | 救命具 | アパレル | 製品情報 | SHIMANO シマノ
サーフフィッシングのために作られたサーフベスト。

前作に比べて「これいる?」と感じた装飾が多くなった。あとは値段もアップしたところ。

メーカーがいうには「誰もが納得するフィット感!」が売りのようです。サイズ指定があるので購入の際にはよく選びましょう。