【XEFOサーフトリッパー】こいつを装備込みで計ってみた

 

私はゲームベストにXEFO(シマノ)の『サーフトリッパー』を使用しています。

何も入れてない状態でもこいつ……重いぞ……?(半ギレ)

この前1日身につけていたとき、「これ10kgくらいあるんじゃ?」と感じたので実際に調べてみた。

 

そこには驚くべき結果が……! 無かった。

 

スポンサーリンク

足腰も鍛えれる。そう、サーフトリッパーを装備するとね

ゲームベストなのかフローティングジャケットなのかライフジャケットなのか……。

コレをどう呼んだらいいかわからないしメンドイから、ベストで統一しちゃう。

 

というわけで使用しているベストは「XEFOサーフトリッパー」です。

別にあの人にあこがれているわけでもないし、「俺サーフルアーメンだから」てわけでもない。機能美としてコイツがベストだったからです。

 

 

サーフトリッパーの機能面を推すのは何故か

自分が釣りのベストに求めているのは、「適度な収納」と「シンプルさ」です。

その点においては、こいつの右に出る製品は少ないと思う。

特に気に入っているのが以下の部分。

 

  • 外にプライヤーが出ない!
  • ペットボトルも後ろのポケットに入れれる!
  • ポーチにスマホを入れたまま操作できる!(iPhone6以降は無理)
  • メーカーロゴがほぼわからない!(最重要)

 

プライヤーを外側に装着するタイプが多いけど、それ潮風で錆びやすくならね? と思っていた。絡みそうって理由もあるけど。

あとはPETボトルを背面に入れれるから、ホルダーが要らない。

どうも各社のベストは、オフセットでどんどん取り付けていく想定をしているからか、「スマートな収納」の意識がゼロなんですよね。

 

他は広告塔みたいだし、ホルダー増えても邪魔なだけだし──で、サーフトリッパーが最もスマートだと感じたからです。

ただ、ちょっと他より重く感じるんだよなぁ。

というわけで重さを計ってみよう

普段の装備内容は──

 

  • 使用済み入れの空ケース1個
  • ジグとスナップが入っているケース1個
  • 薄型でレンジバイブなどを入れているケースが2個
  • 普通サイズのにはミノープラグを詰め込んだのが1個
  • フィッシュグリップ、プライヤー、ストリンガー、タオルや袋など小物

 

……重量的にはチリツモかもしれない。

計りなんてないので、0.5kg表記の体重計に乗って調べてみた

 

何も無しで2kg。装備込みで6kg

何も入れてない状態でもそれなりに”重いベストですけど、実際計ると2kgでした。

上記の物(いつもの装備)を入れて乗ってみると+4kg

 

……思ってたほどじゃあない(十分重い気もするが)

 

一時期よりメタルジグを1kgは減らしているおかげもあるか。でも同じような重量のプラグが増えているので、総重量的にはいつも似たようなものかな。

なんにせよ、5kgの米袋を背負って行脚しているのと大して変わらない結果ですね。

ベストで肩こりに悩む人には腰ベルト付きがおすすめ

 

腰ベルトがあるモデルは肩に負担がいきにくいので、疲れにくい特徴があります。

投げやすいという利点がある一方、総重量が足と腰にダイレクトアタックしてくるので、下半身から疲れがくる。長時間で見ればベルトありなしとも、体への負担は変わらないかもしれない。

今のところコレで肩こりはしたことないです。

 

2万円台のモデルには大抵ウェストベルトがついているので、釣行時の肩こりに悩んでいる人は一考してみるのもいいかも。

同行していた友人が足腰筋肉痛で「動けへんwww」と翌日のたうってたけど、私は全身に疲労が残ったくらい。

日々それなりに筋トレしていてよかったーと感じた瞬間だった。

アパレル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生