【シマノベスト】やけに重く感じる「XEFOサーフトリッパー」を装備込みで計ってみた

シマノの「XEFOサーフトリッパー」を使っていて、気になることがある……。

はる@釣行中
はる@釣行中

こいつ、重くね?

素の状態でも重いのに、道具を含めれば「10kgあるんじゃね?」と感じたので、実際に調べてみました。

はる@釣行中
はる@釣行中

すると驚くべき結果が……!

XEFOサーフトリッパーを装備して浜を歩くと下半身が鍛えられる

というわけで「XEFOサーフトリッパー」を愛用しております。

こいつを選んだ理由は、収納面と機能がベストだから(激ウマギャグ)。

イチオシなのは、手が届く背面にペットボトルが入るのと、プライヤーが前面の裏ポケットに入るところ。

他のベストは別途ドリンクホルダーが必要だったりするから、キャストの時に邪魔だったりするんですよね。プライヤーはポケットに入るため、潮風に晒されないし、波を直接かぶらないから錆びにくい点が決定的でした。

ごてごてと余計なものがついてないし、見た目もスマートなところが好き。

──それはそれとして、

はる@釣行中
はる@釣行中

このベスト、なんか重くない?

いつもの装備でサーフトリッパーの重さを計ってみよう

そんなわけで、普段のサーフ釣行でベストに入れているものを含めて、重さを計ろうと思い立ちました。

入れているのは以下のもの。

  • 使用済み入れの空ケース1個
  • ジグとスナップが入っているケース1個
  • 薄型でレンジバイブなどを入れているケースが2個
  • 普通サイズのにはミノープラグを詰め込んだのが1個
  • フィッシュグリップ、プライヤー、ストリンガー、タオルや袋など小物
はる@釣行中
はる@釣行中

ルアーはジグなり重いものが多いから、もしかして10kgはいくんじゃないの……?

体重計に乗ってベストの重さを計測した結果

サーフトリッパーベストの重さは?
  • 何もない状態のトリッパーベストの重さは2kg
  • サーフ用タックル装備で4kg
  • ルアーとか各種道具が計2kgあるとわかりました

思っていたより軽かった(小並感)。

サーフ装備込みだと4kgあるから、いつも4kgを背負って砂浜を歩いていたのか……。私は持っていくルアーがまだ少ないほうだから軽症かもしれない。

そんなわけで、トリッパーベストの重さは2kgです。

フィッシングベストは腰サポートの有無で選ぶといい

何もない状態でも2kgあるから、肩に負担がかかるのは当然のこと。

肩への負担を和らげるため、ベストの中には、腰サポーターのようなベルトがある製品があります。トリッパーベストもそのひとつ。

腰ベルトがあると、足腰でベストの重量を支えれるから、肩の負担が軽くなります。

肩の負担が軽くなると、腕を動かしやすくなるから、キャストする時も邪魔になりにくいメリットがあります。

サーフルアーはショアの中でも、特に重いルアーを使います。

はる@釣行中
はる@釣行中

ルアーを多く持っていく人は、肩への負担を和らげるため、腰サポートつきのベストを選ぶべきでしょう。