やけに重く感じる「XEFOサーフトリッパー」を装備込みで計ってみた

私が使っているゲームベストはシマノの「サーフトリッパー」。使う前から気付いてはいた。……何も入れてない状態でも……こいつ、重くね?

道具を入れると「10kgくらいあるんじゃ?」と感じたので、実際に調べてみました。

そこには驚くべき結果が……!

スポンサーリンク

足腰も鍛えれる。そう、サーフトリッパーを装備するとね

今回はゲームベストの話なんですが、ひとつ気になることがあります。

これはゲームベストなのかフローティングジャケットなのかライフジャケットなのか……。ルアーメンの会話だと”ライジャケ”と略されていることが多い気もします。

フィッシングベストでも長いから「ベスト」で統一しちゃおう

というわけで「XEFOサーフトリッパー」を愛用しております。こいつを選んだ理由は、サーフルアーの神さま的なあの人にあこがれているわけではないし、シマノ大好きなわけでもない。

機能美としてコイツがベストだったからです。

ではその機能面を語りましょう。

スポンサーリンク

サーフトリッパーは他にはないスマートな見た目と収納が魅力

自分がベストに求めているのは「適度な収納」と「シンプルさ」。他社のベストは、ユーザーを広告塔にしたい傾向が強すぎてロゴがウザくない?

一方でシマノのベストなどは、ロゴがちんまりしてシンプルだから好き。

”適度な収納”については主に3点あります。

  • 外にプライヤーが出ない!
  • ペットボトルも後ろのポケットに入れれる!
  • ポーチにスマホを入れたまま操作できる!(iPhone6以降は無理)

ソルトでプライヤーをむき出しにするのは錆びやすくね?

ゲームベストはなぜか、プライヤーを外側に装着するタイプが多い。なぜ錆びやすい道具をわざわざ潮風に晒すのか? ……きっと取り出しやすさを優先した結果でしょう。

ポケットの外に張り出すため、見た目でもうラインが絡みやすそうだと思うし、PEなら些細なスレでほつれてしまう。そんなわけで、不具合のほうが多くない? と思うからです。

サーフトリッパーは前ポケットの後ろに挿れる箇所があり、プライヤーを入れてもシュッとしたデザインのままです。

手が簡単に届く背面ポケットに飲み物を入れれる利便性

背面下部にペットボトルなどを入れるスペースがあります。ここは後ろ手でチャックを開けれるし、それも左右どちらからでも出来るから、取り出しやすいとこが好き。

釣りの最中にも飲み物は必要で、そのホルダーは後付で買う必要があったり、ベルトを通す必要があったりと、「最初からそのくらい付けろよ」と問いたくなります。

後付するとサイドからハミ出るため、キャスト時や歩く時に結構邪魔です。

モバイルポーチはむしろデジカメ入れに良い

モバイルポーチはiPhone6以降の大型スマホは入らず、別途大きめのポーチを用意する必要はあります。でもそのサイズなら入るわけだし、入れたまま操作できるし、防水ターポリンで波をかぶる程度なら平気。

スマホを入れるスペースと別には、スナップやフックなど小道具ケースを入れたり、ポケットサイズのデジカメがスッポリ入る大きさ。

これは単体だと結構高いので、セットされると妙なお得感があります。

スマホを入れるポーチならダイワのほうがおすすめ。

スポンサーリンク

いつもの装備でサーフトリッパーの重さを計ってみよう

普段の装備内容は以下の通り。

  • 使用済み入れの空ケース1個
  • ジグとスナップが入っているケース1個
  • 薄型でレンジバイブなどを入れているケースが2個
  • 普通サイズのにはミノープラグを詰め込んだのが1個
  • フィッシュグリップ、プライヤー、ストリンガー、タオルや袋など小物

……重量的には”チリツモ”ですね。主にかさばっているのがルアー類、それもメタルジグ。サーフルアーに使うのは30g前後が多く、ジグとプラグ総じて20個以上は持ち歩いているので、地味に重いです。

計りなんてないので0.5kg表記の体重計に乗って調べてみた

結果……何も入れてない状態は2kg。いつもの装備(上記の物)を入れると4kg

うーん……ネタになるほど思ってたほどじゃない。なんにせよ、5kgの米袋を背負って行脚しているのと大して変わらない結果ですね。

購入を検討している方に、この重さが参考になるかはどうかわかりませんが、指標になったら喜ばしいことです。

サーフトリッパーは肩こり防止の腰ベルト付きだから疲れにくい

ベストは前ポケットに道具を詰め込むため、それが下がると前傾姿勢になりやすい。そのため背筋に負担がかかり、キャストもしにくくなるわけですが、それを軽減してくれるのが腰ベルト。

腰ベルトでベストを固定してくれるので、肩部分に余裕が生まれて下半身に重心が来るので、全体の負担が軽減される仕組みです。

これはキャスティングを多用するルアーメンにとって重要ですね。

デメリットは総重量が足と腰にダイレクトアタックしてくる点。なので砂地のサーフを歩きまわると、下半身の疲れが更に倍になります。

スポンサーリンク

新作の「トリッパーゲームベスト」が発売される

XEFO・トリッパーゲームベスト|ウェア|ウェア|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

サーフトリッパーの後続として、トリッパーゲームベストが発売されました。

基本的な仕様はあまり変わらないんですけど、前作に比べて「これいる?」と感じた装飾が多くなった。あとは値段もアップしたところ。

メーカーがいうには「誰もが納得するフィット感!」が売りのようです。サイズ指定があるので購入の際にはよく選びましょう。

……それを量産でやるなら、ZOZOスーツ的な物で個人サイズから受注生産でもええやろ?

ウェア・アパレル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!
スポンサーリンク
ブログを気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

SNSで更新情報を届けております!
とある浜松アングラーの一生