冬季のグローブ選択は指アリ指ヌキ…どっちがいいの?

冬季のグローブは指を出しますか?出しませんか?

素手よりもグローブをしたほうが「無いよりマシ」な冬季の釣り。暖かさを優先する”指アリ”にするか、作業しやすさを優先する”指ヌキ””にするか──

その悩みに答えましょう!

スポンサーリンク

厳寒期のグローブは「指アリ」「指ヌキ」どっちがいいの?

釣り用のグローブには、全ての指を覆う「指アリ(ただの手袋)」と「指ヌキ(一部の指先が露出)」があります。

どちらを選択するべきか……。それは「優先度」から考えましょう。

  • 暖かさを優先したいなら指アリ
  • 作業のしやすさを優先したいなら指ヌキ

グローブをしていると、釣り針が刺さってボロボロになったり、糸を結ぶ時など、細かい作業がしにくい難点があります。このイライラを解消するのが指ヌキグローブ! でも常に露出するため寒いです。

指アリは外気に触れないため””まだマシ”ですが、ルアー交換などの作業がしにくい難点があります。……外せばいいんですけど、その都度やるとマヅメタイムを逃しちゃうかもしれないでしょう!?(逆キレ)

どちらを選ぶかはホント……何を犠牲にして何を優先するか、で選ぶしかないです。

指先だけ捲れるグローブもあるぞ!

指アリ指ヌキ……どっちにしようか悩む人は多いでしょう。その悩み、解決できます!

どちらも可能な手袋を開発すればいい!!

これなら作業をする時だけ指先をペロンと捲ればいいだけ。いいとこ取りをした結果、どちらのワガママも受け入れるグローブになりました。

難点があって……切れ目から水が入りやすいため、防水ではなくなります。ウェーディングなど、水に手を入れることが多いポイントでは地獄です。

グローブの素材はどれか一番あったかなの?

グローブには「ネオプレン」「タイタニューム」「チタン」などの素材が使われています。

どれもウェットスーツで使われる素材ですし、何が一番あったかなのかは気になるでしょうけど、正直いって差はほとんどありません。微妙に「防水性」「保温性」「値段」に差があります。

保温性は全て優れているため、指ヌキを選ぶとそれが失われる。

防水性も同じくらいだけど、やっぱり指ヌキはそれが失われる。

だから「防寒」を特に重視するのであれば、指アリを選択肢するしかありません。

暖かさではチタングローブが最も実感できるらしい

素材ごとで値段はあまり変わりませんし、防寒効果もプラシーボみたいなものです。

防寒を優先するなら指アリにしましょう。作業と両立したいなら指ヌキかセパレートで。

ウェア・アパレル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました