通常のグローブと指抜きグローブ…冬はどっちを使う方がいいの?

冬季のグローブは指を出しますか?出しませんか?

結論からいうと──

暖かさなら当然「普通のグローブ」で、ルアーなど細かい作業が多いなら「指抜きグローブ」が正義です。

冬季はこれらから、”どちらを優先させ、何を捨てるべきか”を求められます。

スポンサーリンク

厳寒期のグローブは「指アリ」「指ヌキ」どっちがいいの?

釣り用のグローブには、全ての指を覆う「指アリ(ただの手袋)」と「指ヌキ(一部の指先が露出)」があります。

どちらを選択するかは、「優先度」から考えましょう。

  • 暖かさなら「指有りグローブ
  • 作業のしやすさなら「指抜きグローブ

指先がかじかむ冬なら、断然指有りの通常ですね。でもルアー交換でスナップを開けづらいとか、フックが引っかかって面倒なことも……。

その悩みは指抜きグローブで解決できます──が冬は当然、指先が冷たすぎてヤバイです。

この悩みを解決するには、どちらも兼ねるグローブを選べばいい!

指先だけ捲れるグローブもあるぞ!

釣り用グローブには、指の部分だけ捲れる商品もあります。

指だけ露出出来るので、ルアー交換の時に捲るだけでいいから便利。

ただ弱点があって、切れ目があるため保温力が弱く、なおかつ隙間から水が入りやすい難点があります。

スポンサーリンク

【終】グローブ外せばよくね?

私の場合、寒い時期は指有りを使って、指先を使う時だけ外します。

いやもう、これが最適解なのでは?(自信満々)

だって何もなければ(釣れなければ)、グローブを外すことも無いですしね。「どっちにしよう……」と困ったら、多少の面倒に目を瞑ると物事は解決しやすいよね!

ウェア・アパレル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生