PROXのウェーディングにオススメなラバーネット

「PROX」の釣り補助系アイテムは優秀すぎる。さすが釣具界の○ニクロ!

ウェーディングにポンドで使うネットは、魚へのダメージを軽減するため、ラバーネットを選びたいところ。PROXなら安くて良い物が買えまっせ。

スポンサーリンク

PROXのラバーランディングネットはお手頃価格で十分な機能性

ランディングネットの選び方は、用途によりけりですけど、柄の長さを考慮しましょう。

ウェーディングなら短くてもOK。魚を手元まで寄せるし、水面が近いから柄が短いほうが取回ししやすい。ポンドで使うなら柄が伸縮できるのがベスト。意外と水面まで遠い──ていうか、寄りすぎると自分が池に落ちるため。

ウェーディングで使うならこのくらいで十分。D管にハーネス結んでジャケットのどこかに挿すだけでいいしね。

ポンドなり他で使いたいなら、柄が長めか伸縮できるのを選びましょう。伸縮タイプならどちらでも使えるメリットはあります。

ランディングにラバーネットを使う理由

”網”といえば紐状の物が思い浮かびやすい。ランディングネット(タモ)はナイロン製が多く糸部分も細め。海の魚はウロコがあり、皮膚を直接傷つける恐れは少ないけど、淡水の魚はウロコがもろいため、細いナイロンで簡単に傷ついてしまいます。

リリース前提の管理釣り場とか渓流だと、ランディングの決まりごともあります。ハンドランディング(素手)とかね。リリースするんだから、魚をいたわるように掴んであげましょう。

タイトルとURLをコピーしました