塩ガミしないベアリングを発明したら世界を奪えるでしょ

 

リールのベアリングは家でいうなら基礎みたいなもの。

動きが鈍いと巻き心地が悪くなりストレスがたまる。土台が良ければ向こう何年も快適です。

メンテナンスフリーを謳うベアリングもありますが、それに関する話題はロクな話を聞かない。

 

そpれってもしかして……マグシールド?

スポンサーリンク

マグシールドの話題は尽きない(悪い意味で)

メンテナンスフリーを謳う、ダイワの肝いり技術なマグシールド。

そのメンテナンスで多いのが、「マグシールドのトラブル」みたいですね。

とんちかな?

 

 

「ガリガリ音がするようになった」「ベアリングなどが塩で固着した」などのトラブルが多いようです。それも高価なモデルになるほど

うーん、もしかして……本当にメンテナンスフリーで使えると思っているの?

防錆は錆びないじゃなく錆びにくいだけ

防錆だから錆びない。なら洗わなくてもOKだろう?

メンテフリーに関しては、どうもそこを勘違いしている人が多い。

 

金属は塩に滅法弱いので、特に海の釣りは道具にとって、かなり過酷な状況です。

その辺は「ダイワの公式サイト」でも言及されています。

公式もね、宣伝文句として”そういうしかない”わけでして、事の本質はもっとシンプルなんですよ。

 

 

マグシールドは防水技術、手段のひとつです。

オイルがなければ防水もなにもないし、金属についた海水を洗い流さなけれステンレスだって錆びます。

マグシールドでトラブルになる人は、メンテフリーを鵜呑みにして、水洗いなど一切何もしていないのではないかなーと思います。

 

──それじゃ塩ガミもするし、錆びるでしょうよ。

リールのベアリングは定期的に交換してもいいくらい実は安い

マグオイルを使うダイワのベアリングは別ですが、ごく普通のベアリングは、あまり高い物でもありません。

使い捨てで交換しても許せる値段に感じるかもしれないほどです。

 

ベアリングはリールの肝である「巻き心地」に関係する部品。

特にスムーズなハンドルを手に入れたいなら、こだわってもいい場所ですね。

 

それが釣果に繋がるわけでもないですが、「ベアリングのカスタムを頼んでみたい!」と思うなら、リール全般のカスタムを請け負う「ヘッジホッグスタジオ」を利用するのもありかと。

 

 

パーツの軽量化でタックルバランスを追求したり、部分的な変更で見た目をゴージャスにしたり。

リールのカスタムは釣具の中でも自由度が高いです。

メンテナンス
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生