塩ガミしないベアリングを発明できたら世界を奪っているでしょ

 

塩ガミしないベアリングとなると、完全密閉で防水も完璧にすればいい。 

それに近いのって……もしかして、「マグシールド?

でもそれに関する話題は、ロクな話を聞かない気がします。

 

水に含まれる塩分を常温下で蒸発させず、結晶化をさせない。または結晶を取り込んで、液体として吸収し排出する……。

そんな宇宙技術めいた完璧なベアリングなんか、1個で車買えるレベルでしょうよ。

最近のリールは、防水機能をウリにしている製品が増えていますが、防水はできても塩害を防止するのはユーザー次第──という内容。

スポンサーリンク

(悪い意味で)マグシールドの話題は尽きない

批評をするなら自分で使ってからがモットーではあるけれど、自分で注油すら推奨されないリールは何か嫌だ。

フィッシングショーで何か魂に来るモノがあれば、来期は使ってみましょうかね。

デザインが割りと好きなセルテートも、それで敬遠したところもある。

 

それはさておき、リールのメンテナンスで近頃多いのが「マグシールドのトラブル」みたいですね。

一応メンテナンスフリーの名目だから、水洗いもせずに使用し続けて──

 

「ガリガリ音がするようになった」「ベアリングなどが塩で固着した」

などのトラブルが多いようです。

それも高価なモデルになるほど。

 

「リールメンテナンスドットコム」のブログに、こんな一文がありました。

 

一応、CRBB防錆タイプのベアリング搭載なのですが、

「防錆」=「塩に強い」

は大間違いです。

整備日誌|リールメンテナンスドットコム
リールメンテナンスドットコムの整備日誌です。日々のリールの修理やカスタマイズ、オーバーホールの様子を更新しています。営業についてのお知らせや現在の納期も掲載中です。リールの修理、カスタマイズ、オーバーホールならリールメンテナンスドットコムにお任せください。

 

せやな。

防錆は錆びないじゃなく、錆びにくいだけ

「防錆だから錆びないんだろう? なら洗わなくてもOKだろう?」と、どうもここ(メンテフリー)を勘違いしている人が多い。

 

 

 

マグシールド製品でよくわからないのが、ベアリングにマグオイルを使用している所。

それは防水技術の一つであって、本当に必要な箇所は外部から水が入るのが致命的になる場所、ようはメインシャフト部分だと思うのですが。

熱を帯びやすいベアリング部に使うと、オイルの劣化が早いし、鉄分も含みやすいから、長持ちはしにくいでしょう。

 

ダイワのHPにあるように、本来は水の侵入部にあるだけでいいんですよ。

……回転する部分以外に使うのはいい技術なんですけどね。

それを駆動部に使い、メンテフリーと謳ったがゆえに起きた悲劇。マグシールドに対するイメージはそんな感じだったりする。

ベアリングは定期的に交換してもいいくらい実は安い

マグオイルを使うダイワのリールは別ですが、ごく普通のベアリングは単価自体それほど高くないです。

一応巻き心地に関係する場所なので、カスタムしやすいポイント。

わりとリールに合わせたおすすめセッティングのベアリングセットが多いですね。

 

 

そんな時は、リールパーツ全般のカスタムを請け負う、「ヘッジホッグスタジオ」を利用するのもありかと。

リールパーツの軽量化でタックルバランスを追求したり、部分的な変更で見た目をゴージャスにしたり。

リールのカスタムは釣具の中でも自由度が高いです。

メンテナンス
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生