折りたためるネットで捗る旅行フィッシング!

ランディングネットは荷物として地味に大きい。

フレームを折りたたみにくいのが要因だけど、もしもシャフトと同じくらいにたためたら……。

探したらあるじゃない! 棒状に折り畳めるネットが。

スポンサーリンク

シャフトと同じくらいたためるランディングネット

紹介するランディングネットは70cmまでたためます

柄は最大100cmまで伸びるから、開いたネットも含めれば150cm先の魚を掬うくらいはできます。

70cmくらいに収まると、リュックに入るからチャリアングラーも移動に便利。

カヤックなど小型ボートでも、折りたたんだ状態で脇に置いておけば邪魔になりにくいでしょ?

 

あと珍しく、商品紹介がスゲー親切なんですよ!(普通)

仕舞い方から広げ方に使用イメージまで。商品案内は完璧すぎますね。

 

コンパクトランディングネット

 

ただし、それなりに難点はあるんです。

どうしても耐久力と長さがネックになる

1mちょい先の魚を掬うのはできますが、水面まで1mの堤防って……ある?

コンパクトに折りたためても、堤防で使う長さを確保するには短いわけです。

その分、淡水の管理釣り場や船上なら無難に使える長さですね。

 

折りたたみ式は”可動部が多い”ので、どうしても耐久は落ちます

可動部が多いほど錆びやすい箇所が増えるし、耐荷重の性能はお察し状態に。これは構造上、仕方ないと割り切るしかない。

なのでソルトよりフレッシュで使うほうが向いてますね。

スポンサーリンク

コンパクトを活かして旅先の釣りに使うのがオススメ

コンパクトを活かして、旅行のお供にするのもいいかと。

キャリーケースに忍ばせて出張先でとか……。小型に収まる釣具は他にもあるので、あとは釣りエサがあれば問題ないくらい。

仕舞寸法69cmのフライロッドセットと合わせれば、トレッキングしながら渓流釣りもできますね。

釣具のコンパクトを追求するなら、太鼓型のリールがおすすめです。

スピニングはどうしても小型にするには難しい構造なので。

インプレ釣具全般
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました