タックルは進化するがメソッドは変化しないルアーフィッシングの今昔

なんとなく15年前のルアー指南書を読んでみた。

現在はタックルも進化して、そこに載っているよりも簡単に釣りあげれるようになったが、釣り方に変化はあまりないことに気づく。

それもそのはず、タックルほど魚は進化していないのだから。

スポンサーリンク

「海のルアーフィッシング完全攻略(00年著)」を読んでみた

──というわけで、『海のルアーフィッシング完全攻略』を読んでみました。

15年前の釣り指南本ですけど、”釣り方は”現在と遜色はないですね。他は「載っているタックルが懐かしい形をしている」くらいの感想。

この頃のシーバスルアーといえば「K-TEN」と「Rapala」だったな~とか。

 

今も昔もソルトルアーの人気魚たちの釣り方が書かれていました。

流石に古い本なので、現在にそのまま持ち込んで「完全攻略!」は無理だけど、ソルトルアーの基礎を学ぶのには良著かと思う。

過去の参考書は現代で使えないこともない

学問で新陳代謝が激しいのは、歴史を扱う社会ですかね。

去年の出来事が来年の教科書に載ることもありえます。過去の歴史が新発見で覆されることもあります(鎌倉幕府)。

 

過去が変わる可能性はあっても、全てが変わることは、ほぼありえないじゃないですか。

なので参考書は古い物でも、基礎を学ぶには十分すぎる物なんです。

それは魚釣りの雑誌やコラムにもいえること。

 

なので中古の雑誌を買い集めるのも、知識を得るには有効です。

Amazonの「Kindle unlimited」を利用するにも手ですよ。

通常だと月額980円かかりますけど、登録初月なら無料です。

そのうちにしこたま釣り関連の本を読み漁りましょう!

スポンサーリンク

釣りを学ぶには体感するのが手っ取り早い

釣りが上手くなる方法のひとつは、上手い人を真似ることです。

それを恥と思わないでください。だって真似るだけで、その人には簡単に追いつくことができるんですよ?

追いついたら、あとはどう追い越せば考えるだけです。

 

始める前に知識を詰め込んでも、実戦でパニくるのは目に見えているので、まずは簡単な釣りからはじめて、基礎を養いましょう。

小物のハゼ釣りからでもいいんです。

まずは1匹、自分の力で釣ることから、人生と歩む魚釣りがはじまります。

釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生