シーバス

特集記事

カネをかけるならロッドにしたほうがいい理由

魚1匹を釣りあげるために用意すべき道具は多い。誰もが迷う組み合わせの中から、最も重要を考えると2択に絞られます。それは「ロッド」と「ライン」。ロッドに投資するとこんな良いことがあるよって内容です。
ルアー

「ガルバスリム80S」で初夏まで戦う!

春の新製品発売ラッシュがはじまりましたね。 その中で気になってたルアー、DAIWAの「ガルバスリム80S」が発売され、実物を見て「イケる」ルアーだと感じた。 リップ付きシンペンの立...
料理

【シーバスレシピ】トマトクリームパスタwithスズキ

「鮭のクリームパスタ」っぽく、シーバスをフレークにして和えるつもりだった。 でも置きホワイトソースがなかったので、トマト缶を使うことに。調理時間は30分くらいです。
スポンサーリンク
釣法解説

バチ抜けルアーにこそおすすめのシングルフック化と選び方

にょろにょろした多毛類が産卵のために砂から這い出てくる”バチ抜け”と呼ばれる現象。 魚にとっては格好のエサで、それを模した”バチ抜けルアー”も存在します。 しかしながらこの時期は、魚のやる...
浜名湖

初春の浜名湖シーバスに使えるルアーとパターンについて

初春である2月から5月頃までを対象にした、浜名湖シーバスの攻め方をまとめてみた。 パターンの移り変わりは、「バチ→アミ&稚鮎→ハク(イナッコ)」の順が多い。 もちろん海況によって変化はする...
ルアー

シンペンが苦手な人に提案するPUNCH LINE|APIA

『パンチライン』の私的な感触としては、水面直下を泳ぐバイブレーションもどき。 ちょっと波立っている時や、風が強い時などには、しっかり飛ぶし水を掴んでくれるので重宝する。 引き抵抗があるので...
ルアー

名前に偽りなくふっ飛ぶ!「ロケットベイト95」

「他より飛ぶ!」と声高々に発売するルアーは多く、競争は苛烈で成長分野。 飛距離はアングラーの腕も関係するため、性能による恩恵はプラシーボみたいに思われている。 紹介する「ロケットベイト...
釣りの雑学

レッドヘッドが釣れる理由&カラー談義再び

自然にあり得ない色ほどよく釣れる。 ──それがルアーカラーの不思議なところ。そして奥深いところ。 釣れる定番カラーの「レッドヘッド」は、赤と白だけの単純なカラー。 黎明期からラインナ...