マキッパ|瞑想しながらでも釣れるメタルジグ登場!

MAKIPPA(マキッパ)」は、ただ巻くだけでフラットが釣れるメタルジグ。メーカー(Megabass)がそう豪語しているわけだし、投げて巻くだけの簡単操作なら、目をつぶっていても釣れるはず!

ならば、瞑想しながら脳と体をリフレッシュしつつも、サーフルアーを楽しめるのでは?

スポンサーリンク

マキッパはただ巻きだけで戦えるメタルジグ

マキッパのコンセプトは「魚種限定解除」です。

……何をいってるんだこのメーカーは。それをいうなら、バス用ルアーでシーバス釣りがはじまった歴史は? とツッコミたいところ。

メガバスがいいたいのはそうじゃない。「なんでも釣れる=どこでも釣れる」を実現したルアーがマキッパなのです。

ショアだけじゃなくオフショアでも
https://www.megabass.co.jp/site/products/makippa/

マキッパは名前から想像できるように、”投げて・巻くだけ”の簡単なキャスティングジグ。

メタルジグに小型のブレードをつけることで、弱点だったスイム中のアピールを克服! だから誰でも簡単に、魚が釣れちゃうメタルジグになっています。あとメガバスにしては値段が安い(重要)。

MAKIPPA | Megabass-メガバス
メガバス株式会社は、ロッド・ルアーなどの釣具・アウトドア用品メーカーです。

ただ巻きだけでなんでも釣れちゃう理由

メタルジグは他のルアーよりも、小型でよく飛ぶ利点があります。

ルアーは小さいほうがより釣れやすい。だから釣れる魚も増える。マキッパはメタルジグの時点で、色々な魚が釣れるルアーとして約束された存在といえます。しかしそれだけでは、ただ巻きで釣れるメタルジグにはなりません。

マキッパがただ巻きでも釣れる理由は、標準装備のブレードによる安定した泳ぎにあります。このおかげでレンジキープもしやすくなり、アピールも抜群なので、ただ巻きで十分釣れる性能が備わっているわけです!

マキッパ2
その肝は「三点倒立」にあり!
https://www.megabass.co.jp/site/products/makippa/

こんな感じで立つジグは本当に珍しい。こう見ると水平をキープして泳いでくれそうでしょ?

前のアシストフックは、フラッシングがちょっとしたアクセントに。後ろのブレードは波動と光で周囲の魚にアピール。……ここまで贅沢な機能をつんだメタルジグは稀有な存在ですね。

それらをフルに活かす本体設計の成果が、”なんでも釣れちゃうジグ”を誕生させたのでしょう。

マキッパはメタルジグの弱点を払拭した革命児!

メタルジグはレンジキープをしにくいのが弱点です。比重があるため、どうしても沈みすぎるから、レンジキープでゆったり泳がせることが難しい。それで釣れる魚は多いのに、激しいジャークをするジギングが今までの定番でした。

マキッパはその常識を破り、ミノーライクな使い方ができるジグです。

ミノーよりもよく飛ぶし、より広範囲の魚を狙える。そのおかげで釣れる魚種が多くなる。いろいろな魚と出会えることで、アングラー達はニッコニコ。まさに待ち望んでいたメタルジグといえるでしょう。

これが結果を出せば他社も真似をしだして、サーフのメタルジグはこのスタイルが定番になるかもしれませんね。

スポンサーリンク

晩秋サーフで瞑想しながら爆釣したいならコレしかない

11月になれば台風シーズンは終焉に近づき、太平洋の海況は安定しやすく、サーフは波が穏やかな凪が続きます。凪だと釣りはしやすい、でも「魚を釣りやすいか?」は別問題

やっぱり海は静かなほど釣れにくい。ルアーの着水音は響くし、視界も開けるため魚の警戒心もマシマシ、すると活性自体も落ち込むから、彼らのお食事タイム(時合)に合致しないと、1匹釣るのも至難の技です。

そんな激シブ状況でも有効な手段は、細身で動かないルアーを使うか、小型で目立つルアーにするの方法があります。

マキッパはフラッシャーとブレードがあり、これらは魚から見ると小魚っぽく見えます。いうなれば、本体よりも小さいルアーがオマケで付いているようなもの。だから低活性時でも結果を出しやすく、なんでも釣りやすいルアーなんです。

ベタ凪の状況でもただ巻きで十分アピールしてくれる──。そうなりやすい晩秋サーフでも、無心で瞑想しながらいつのまにかヒラメが釣れている……! そんなルアーですね。

マキッパは使いたいポイントで重さを選ぼう

マキッパの重量設定は「10・20・30・40g」の4種類があります。

使う場所をサーフに限定するなら、ほとんどのポイントは20gと30gで対応できますね。先に例をあげたベタ凪晩秋サーフなら、10gをネットリ巻くのがベストです。ドン深な駿河湾サーフみたいな場所なら、40gで確実にボトムから巻き上げましょう。

他にはサビキ釣りに集まっている小魚を拾うためだったり、ただ巻きで表層を通せるから干潟のシーバスにも使えるし、メバルやアジなどライトゲームにも使えますね。

だから万能なんです

注意点があって、リアにあるブレードがある意味本体ですので、ここを失うと「ムーチョルチア」とほぼ同じになってしまいます。もしブレードがなくなったら、少し重いシンペンと割り切って使うのをオススメします。

カラー選択は、朝マヅメをメインとするならブルピンゴールドがおすすめ。どのみちブレードがあるので、それを活かすか活かさないかが選択の要になります。

例えば本体をナチュラルカラーにしてフラッシャーとブレードだけを際立たせれば、本体より小さいルアーに見せることができるため、アジ・メバル相手でも使えるようになります。低活性時の切り札にできますね。

MAKIPPA | Megabass-メガバス
メガバス株式会社は、ロッド・ルアーなどの釣具・アウトドア用品メーカーです。
インプレルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!
スポンサーリンク
ブログを気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

SNSで更新情報を届けております!
とある浜松アングラーの一生