19ヴァンキッシュの軽さをわかりやすく伝える

シマノのスピニングリール「ヴァンキッシュ」は、業界イチの軽さを誇るリールです。

大阪FSで19年モデルを手にとったら、なんというか……でした。「これは本当にリールなのですか?」と思える軽さです。

19ヴァンキッシュの軽さを伝えるために、身近なものでいい例えがないかなーと考えていました。

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュを持ち上げた瞬間に感じたこと

19年モデルのヴァンキッシュは、シマノのブースにたくさんありました。その中でも1番小さい1000番と、最大の4000番を手にとって比べてみた結果──

ハンドルを回す人が多い中、ワイはドラグの動きからチェックする派

どっちも軽過ぎて、大して変わらないのでは?

1000番は業界最軽量の145g! これは小さい缶コーヒー(中身入り)より軽い数値。4000番はギア比で200gと205gの違いがありますが、最近のクソデカスマホより軽いです。

缶コーヒーより軽い19ヴァンキッシュ

小型の缶コーヒーは「195g」らしい。これとヴァンキッシュを比べると……

http://fishing.shimano.co.jp/product/series/vanquish/index.html

19年モデルだと4000番まで缶コーヒーより軽いんですね。なので今所持しているタックルのリールを、NEWヴァンキッシュに交換した場合を体験するには、リールの代わりに缶ジュースか大福を持ってみましょう。

傍からみると絵面がシュールだけど、それが最も確実な”試着”かと思います。

唯一感じた欠点は軽すぎる故のチープさ

19ヴァンキッシュはとても軽いリールです。

これと似た軽さをどこかで体験しているなぁ……。そうか、プラスチック製の安物だ!

正直いって金属らしくない軽さなので、どことなくチープさを感じてしまいます。それを見越してテスター達のレビューは、「高級な質感」をアピールした文が多かったんだろうなぁ。

軽さがヤバイ」だけでも、多くの人に凄さは伝わると思います。

スポンサーリンク

軽すぎるリールだからタックルバランスも考えよう

フレッシュ寄りの陸っぱりに向いているリールだから、ドラグきつめにする必要があるソルトだと、ちょっと向いていない点もある。それはロッドの強度が増して、重くなっていくから。

ヴァンキッシュは”軽さ”が武器。巻きの質感や剛性はステラのほうが上だから、そこと比べる必要はないですね。

巻きの質感はステラと遜色ないし、この軽さと性能で考えるに十分安いリールです(費用対効果)。

こっちでも19年モデルに関して書いてます。

インプレタックルリール
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!
スポンサーリンク
ブログを気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

SNSで更新情報を届けております!
とある浜松アングラーの一生