16’ヴァンキッシュがお買い得に?

業界最軽量リールの「ヴァンキッシュ」は、新モデルの発売も決まり前モデルが値下がり傾向

「本当にお得なのか?」「時代に乗り遅れないか?」などの不安は杞憂。

もともと最高峰のリール。更に新しいモデルが出るまで困ることはないでしょう。

スポンサーリンク

16’ヴァンキッシュがAmazonスポーツ&アウトドアで今更ながら1位を獲る

ふとAmazonの「スポーツ&アウトドア」カテゴリのランキングを覗いたら……

釣具が1位でした。それもハイエンドリールだから珍しい。

 

ヴァンキッシュ1位

 

それも旧作のヴァンキッシュが──。

 

そうなった理由を考えるに、発表された『19’ヴァンキッシュ』がとにかくすごいスペックだったからでしょう(語彙不足)。

値段は? 予約は? ……などを知るため商品名で検索した結果かなと。

それだけアングラーの注目が高いリールだとわかります。釣具店は仕入れ多くてもいいんじゃね。

リールの買い替えどきとは?

釣具のモデルチェンジはだいたい2〜3年スパン。

リールの寿命は釣行回数と日々のメンテナンスで左右されます。経験上、釣行後の水洗いとメンテをかかさない状態なら、OHなしで概ね2年は保つ感じ。

雑なら1ヶ月以内で壊れることもあるし、OHしながら大事に使えば一生付き合えるのがリールという機械です。

 

ヴァンキッシュのように5諭吉ほどするリールは、メンテナンスやOHを委託するとそれなりに費用がかかります。それはパーツが高価なため。

コスパを優先するなら、2諭吉前後を1〜2年で使い潰すほうがいいです。

 

買い替えどきの指標“を明確にするなら、本体の歪みや摩耗によるガタつきが目立つようになったら──ですかね。

 

力で無理やりハンドルを回していると、ボディや内部にダメージがいきます。ひどいとリールシートに固定している部分にヒビが入ることも。

リールは個々のパーツを交換することで、いつでもリフレッシュできる利点があります。それがオーバーホール(OH)。

でも歪みを治すには、丸ごと新しくしたほうが安上がりになることも。

 

まとめると、道具に気を使える人ほど修理費用が安くすむので、生涯で使うお金は減るでしょうね。

そのかわり、道具に費やす時間は増えますが……。

16’ヴァンキッシュはライトルアー勢におすすめ

ヴァンキッシュの強みはなんといっても”軽さ“!

ヴァンキッシュは16年モデルでも、現行ステラと遜色ない重量で、3000番台以下はいまだに業界最軽量クラスです。

ようはライトタックル専用のリールより軽いってこと。これが強みです。

 

ライトタックルなら重量バランスが良くなり、以前よりも扱いやすくなるはず。

10ftクラスを使うソルトルアーでも、軽量化が進行する現行ロッドとバランスが狂わないから、時代に遅れることもないでしょう。

 

そんなわけで、お得にイイ物を手に入れるには、型落ちを選択するのが賢いんですよ。

新モデル発売後ならさらに安くなりそう。でもそんなに在庫は残っているのだろうか……。

引用サイト http://fishing.shimano.co.jp/product/series/vanquish/index.html
お得情報
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生