2019年 東西新リール技術対決!

2019東西新リール技術対決!

2019年の新製品情報が出はじめましたね。新発表されるギアを見て夢が膨らみ、手には諭吉という希望を握りしめていることでしょう。

今記事では発表された製品の中でも、東西メーカーが発表するリールに注目してみました。

なんたってスペック(数値)で違いがわかりやすいですからね。

スポンサーリンク

2019年 東西新リール技術対決

リールは機械に近い存在のため、工業製品に使われる技術が流用しやすい利点があります。

そのため、工業機械の剛性アップや軽量化に進化があると、釣りのリールも追従する可能性が高いわけです。”形”は大して変化しない理由は、その必要がないからですね。

さて、2019年のリールはどのような革新が産まれたのでしょうか。

【ダイワ】2019年のリールは『セルテート』から!

グローブライド(ダイワ)のスタートを飾るのは『セルテート』です。

CERTATE | DAIWA
CERTATE | DAIWA

スピニングはセルテート、ベイトはスティーズ。……いつものですね。

前年は「LT(LIGHT TOUGH)技術」元年で、軽量かつ強靭なリールが発売されました。その集大成とダイワの本気が「18イグジスト」でしょう。

19セルテートは、前年LTモデルでデビューした18フリームスに比べ、若干ながら軽量(5〜15g)です。

最高モデルであるイグジストに比べれば歯が立たないけど、19セルテートはその差を若干埋めた感じ。

デザインは前モデルの虚無僧スタイルから一転、シンプルな見た目になりました。それがわかりやすいのが「ストッパーレスボディ」でしょう。

メーカーが推奨する”セルテートの使い所”は、ソルトにおける過酷な状況に対応するパワーが必要とされる場所。すなわちライトを越える中大型の対象魚ですね。

──ぶっちゃけ目新しさは特にないです(辛辣)。「LT技術を磨き上げてきたぜ!」って感じですかね。

逆に西の代表は頭がおかしいレベル

引用 DAIWA公式

【シマノ】業界最軽量スピニングを貫く19ヴァンキッシュ

2019年の新リールで話題をさらったのは「19ヴァンキッシュ」でしょう。

隔年でステラと軽量化合戦を繰り広げていますが、2019年の軽量化は行き着くとこまで行った感がすごい。

ヴァンキッシュ[Vanquish]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノのソルトウォーターインストラクター辺見 哲也と湯川 マサタカと嶋田 仁正が推奨する、注目のNEWヴァンキッシュタックルインプレッションをお届けします

ヴァンキッシュは前モデルでもまだ最軽量クラスなんですが、19年モデルはそれから平均20gの軽量化をしています。

なんと4000XGモデルはストラディックの1000番と同重量!

このインパクトは半端ないくらいわかりやすい。

ヴァンキッシュは業界最軽量を貫き、ステラは業界最高峰を維持している。リールの仕上がりに関しては、シマノが業界の半歩先を見ている感じですかね。

スプールのストロークを伸ばしたことで飛距離アップも実現しています。

環境風がないドーム内でのテストですが、プラシーボじゃない改善を体験できることでしょう。

スポンサーリンク

続きは横浜と大阪のフィッシングショーで!

2019年の新製品をユーザーが触れるには、横浜FSが最速かもしれません。

ジャパンフィッシングショー2019
ジャパンフィッシングショー2019が開催されます。新製品がいち早く体感できる釣りファンのためのフィッシングショーへ!

個人的には適度な値段の新作リールの「レグザ」に注目しています。私はショアジギ寄りのソルトが大半なので用途にあっているんですよね。

新製品でおすすめはやっぱりヴァンキッシュですかね。

新リールに要求されるハードルがどんどん高くなっているけど大丈夫だろうか……。

インプレタックルリール
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生