車に負けない機動力!ロッドを挿して走れる釣り仕様のスクーターたち

魚釣りで困るのが道具の持ち運び。ロッドは長いし、クーラーは大きいし、タックルボックスもあると両手じゃ足りなくなる時もあります。だから車を使う人が多いと思いますが、バイクの機動力が欲しい時だってある……。

でもカスタム仕様のバイクなら、ロッドホルダーはあるしタックルボックス代わりのスペースだってある。展示会で見た釣り仕様のスクーターは、私も欲しいと思うほどの機能性でした。

スポンサーリンク

屋根付きバイクの釣り仕様はランガンし放題のスペック

キープキャストで見かけた釣り仕様のバイクたちが素晴らしかった。浜名湖は駐車場がないポイントが多いし、バイクならいつでもどこでもランガンできるのに……、と思っていたところ、釣り仕様のバイクがまさに自分の理想通りでした。

まずは”ピザ屋のバイク”でお馴染み、三輪の屋根付きスクーターから。

ミニカー登録すればメットもいらないのか。はじめてしった!
ミニカー登録すればメットもいらないのか。はじめてしった!

三輪なので転びにくいし、ミニカー登録すればメットもいらないらしい。たまにノーヘルを見かけるのはそういうわけだったのか!

これは屋根付きだしワイパーもあるから、バイクの泣き所である雨でも安心です。後部キャリーはクーラーボックスを載せれるし、シート下も収納スペースがあるから、荷物積載に抜かりはない。ロッドホルダーは備え付けで、立てながら走行することもできるから、ランガン目的には最適ですね!(上に引っ掛けてロッドを折らないでね)

サイドにロッドホルダー。後部はカスタムのクーラーボックス仕様。 やべーなコイツ。
サイドにロッドホルダー。後部はカスタムのクーラーボックス仕様。
やべーなコイツ。

これは都市部の河川ランガンに向いていますね。釣りに行けない時は、UberEatsで副業もできるぞ!

堤防もいいけど、基本立入禁止だから注意すること。タイヤをオフロードにすれば砂浜もいけないこともない。50ccだからパワー不足が難点かな。

三輪屋根付きカスタムバイクを披露していた「SILVER BACK」はこちら

釣り仕様のカスタムミニカー|フィッシングキャノピー|シルバーバック
シルバーバックではミニカーに変更したジャイロキャノピーを釣り仕様にカスタムし、もっと気軽に、もっとお洒落に釣りが出来るフィッシングキャノピーを提案しています。
SILVER BACKのカタログ表紙
SILVER BACKのカタログ表紙

これがまぁ……いい品なんですが、なかなか高いんですよ。

新車でカスタムすると90万前後。中古でも60万前後──。う~ん、軽自動車のアルトなら最低グレードを新車で買えちゃう値段ですね。でもミニカー扱いにもなるから同等なのも仕方ないといえば……。

これで釣り場に行くと、カブ達がうらやましがりそう。展示するよりこれに乗って釣り場に行くのが、最高のマーケティングになると思います。

カスタムパーツで差をつけることもできるぞ!

四輪バギーで砂浜をランガンするのが夢でしたが、これで浜名湖釣り走りも悪くなさそう。カスタム後の値段は高いけど、自分でやることを考えれば妥当な値段かなぁ。

これを125ccで出してくれると、パワー不足も感じなくなるし、より欲しくなるんだけどなぁ……。

乗り物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました