サーフでめちゃ楽にヒラメが釣れるタイミングとは?

11月中旬の現在、サーフでヒラメが釣れやすいタイミングではあります。

それを最盛期といいますが、自然に生息する相手だし、何考えているかわからないので、「絶対に釣れるタイミング!」を断定するのは難しい。

 

経験からいうと、ルアーを投げるだけで釣れる”イレグイ”は、年2回あればいいほう。

あとは2週間や1ヶ月スパンでチャンスが訪れる感じ……なのでその理由などを書いてみます。

スポンサーリンク

サーフでヒラメを回遊待ちするのは時間の無駄

最盛期のサーフは横一列にアングラーがずらーっと並び、魚の奪い合いをしております。

人多すぎ3大サーフルアーは「サーモン」「ブリ」「ヒラメ」でしょう。このうちサーモンとブリは回遊魚です。

人多すぎ状態のサーフで回遊魚を狙うことは、回転寿司に例えると、高速で流れてくる皿から箸で寿司を取れ! みたいな感じです。

タイミングを計ってスッと取れる人もいれば、空振りをしてぐぬぬとなる人もいる。魚釣りとはそんなものです。

 

一方でヒラメはほぼ動かない魚。用事がなければ家も出ないインドア派。

なのでサーフヒラメは、動かない回転寿司で店員がランダムで皿を置き、「ほら取ってくださいよ~笑」と煽られるスタイル。

だから自分で取りに行く必要があり、ポイントと時合が特に重要なのです。

誰でも釣れるチャンスは産卵期の開始直後だけ

ヒラメがサーフで射程圏内に寄る条件は主に2つ。

産卵で仕方なく訪れるか、エサを求めて遊びに来たかのどちらか。

2例のうち誰でも釣れるレベルは春と秋の産卵期だけ。それも開始直後でスレてない条件が必要です。

 

その時期は遠州サーフなら「春:4-5月」「秋:10-11月」頃(気候による)。

”産卵期”の括りでいうシーズンなら上記の期間が該当します。でも「爆釣!」を体験したいのなら、そのうちのたった3日ほどなんです。

魚は産卵期をどこで判断しているのか?

魚が産卵行動をはじめるのは「水温」で、それが自然環境の何と連動しているか?

 

──気候ですよね。

 

水温に関わる話は、ヒラメ釣り指南で耳タコだろうので省きます。

単純に「1匹のヒラメが産卵行動をするのが年2回だけ」と考えてください。

ある水温になってヒラメが一斉に「産卵するぞ!」と集団行動をするのが年2回くらい。それがハイシーズンとして周知されているわけ。

 

それを予測するには、水温が「冷たい温かく」「温かい冷たく」と変化する中で、産卵行動に移る水温を狙えばいいことになります。

だからどの魚種も”釣れやすいシーズン”は、季節である程度決まっているわけです。

 

参考 ヒラメの繁殖行動|海洋生物環境研究所

ヒラメの適正水温は全国各地で変化する

日本は海に囲まれている島国で、知っての通り北と南では平均気温が違います。

同じく水温も──遠州サーフと房総サーフでも1度以上は違いますしね。

 

ヒラメはほぼ全国の沿岸部に生息しており、活発になる適正水温も各地で違います

ヒラメが産卵行動に移る水温は「15~17度」と考えられていますが、これも全国各地で違います。

 

ただし、その水温になるタイミングは共通します。それが春と秋なのです。

サーフでイレグイになる時合を狙い撃つポイント

年2回は開催される”祭り”に参加するには、以下の2点を抑えてください。

 

  1. 産卵行動に移る水温を待つ!
  2. そこに「中潮→大潮」が重なると最大のチャンス!

 

この予測がピッタリ当たると、横一列のアングラー全てがヒラメを持ち帰ることもあります。

 

……ちなみに私はバッチリ予測があたったことがあります。

だけどその日、たまたま寝坊して遅れて、帰る人全てが数枚持ってニッコニコの中で、寂しくエソに遊んでもらった記憶があります。

2015年を振り返りつつ納竿しようin豊橋サーフ【長文】
2015年の浜インを総括すると「人多すぎィィ!」でした。 今年を振り返ると、いろいろ勉強になったことはあります。 釣行記とあわせてまとめを書いたので、ちょっと長いです。

そう──予測しても行けないと意味がないんですよね。

スポンサーリンク

ハイシーズン以外でも釣れるタイミングとは?

ここまでサーフdeヒラメは、”年2回ほどバカでも釣れるタイミングがある”と伝えました。

「じゃあそれ以外は?」って思いますよね。

 

次点で釣りやすいのはイワシ(かえりしらす)が接岸する時。これは年4回ほどあります。

ベイトがイワシだと、どの魚もテンション最高潮になるので、ナブラに出会えれば数釣りも楽しめます。

難点は(ナブラの)予測が難しいのと、ベイトがいてもヒラメが居るとは限らないところ。

 

あとは恒常で潮汐による接岸

満月と新月がありますけど、満月時は夜間が強く、新月は朝マヅメが強い感じ。

遠浅のほうがプランクトンの活性は高くて、小魚も寄りやすく、オマケで潮流が絡むと”定期的に魚が入る条件”が合致し、よく釣れるサーフポイントとして確立します。

 

遠州サーフで該当するポイントは、聖地化している御前崎を含んだ掛川エリアですかね。

”有名ポイント”はそういう条件が必ず絡んでいるんですよ。

考えず釣れる開幕放流は年2回。頑張れば釣れる定期放流は月1回。

管理された釣り場では、釣魚の放流を行い、楽しんでもらうためと資源量の維持をしています。

自然環境の魚釣りは誰が放流してくれるかっていうと、それは自然であり、神様的なナニカかもしれません。

 

サーフの釣りはどの魚種でも、年2回はイレグイのお祭りがあります。

それが過ぎると釣れないこともないが、最盛期に数は少ないし難しい。なのでこのタイミングで釣る人ほど上手い、といえます。

 

サーフでヒラメを釣ることは、目隠しされた状態で広場の落ち葉を拾い集めるようなもの。

落ち葉は樹から落ちるから、その下に多いわけじゃないですか。でも風が吹くと引っ掛かる場所に集まりやすいですよね。

離岸流の出口に居るとか、水底の変化に潜んでいるとか、ヒラメが居るポイントとそれって似ている気がしませんか?

 

イチョウと魚釣り

 

イチョウの樹は晩秋から落葉します。直後に葉っぱは拾い放題でしょう? それがイレグイのタイミングといえます。

でも時が経つと風で飛ばされたり、掃除したりなんだりで落ち葉は減ります。

その時に「イチョウの葉っぱが欲しい」と行動に移して、今まで拾えた場所になければ、植木の影とか道路の端っことか、ちょっと苦労して拾える場所にあったりします。

 

魚釣りはそんなもんだと割り切ると、狙い所は自然と絞れてくるかと思います。

このような釣り指南本は、映像ディスク付きを選びましょう(見れる環境があるなら)。

何故かは、魚を釣っている人を真似るのが上達への近道、だからです。はじめたての人はなおさら。

ある程度経験した人なら、コラムなど文章のほうが理解しやすいかと思います。

Tips テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました