アングラーと一般で違う「バチ抜け」の価値観

「ゴカイの生殖群泳」の観察会、ようするに”バチ抜け”の観察会が鹿児島県であったらしい。

なるほど……、一般にはあれが神秘的に見えるのか……。

スポンサーリンク

キモいからエモいに変化するバチ抜け観察会

ネットニュースでこんな記事をみかけました。

【動画あり】ゴカイだらけ 神秘の夜 観察会 人気じわり 鹿児島の海岸|西日本新聞

とあるアングラーのはしくれである私は、見出しで「バチ抜けのことか」とわかりました。……研究者はともかく、一般が観察したいものなのだろうか(困惑)。

たしかにニョロニョロが水中を「ウヒョー!」と泳ぎ回る光景は不思議です。むしろどうやって泳いでるのかが気になります。バチ抜けのことを知らずに遭遇すると、きっと「異常事態だ!」と勘違いして天変地異を危惧するでしょう。

彼ら(?)にとって一生に一度のこと。我々にとっては年に1回出会えるかどうか。どちらにせよ神秘的な光景ですね。

バチ抜けを見かけたら動画に生態をそえて、どうぞ

バチ抜けはある程度、全国どこでも観ることができます。もし観察したいのであれば、河川や河口流域の砂地が多い海側がおすすめ。

バチ抜けは多毛類たちの生殖行動です。ある程度地域差はありますが、早くて12月頃からはじまり、遅くて5月まで。この期間中で夜間に大きく潮が動く日(満月)があると、抜けるかもしれません(意味深)。

ゴカイが地中から抜け出るのは、年に一度、子孫を残すため!

──という背景を知ると、「自然の営みは素晴らしく神秘的だ」と説くアウトドアマンとして、やり手に映るかもしれません。シーバンスアングラーにとっては、「よし釣りに行くぞ!」の合図です。

高画質のカメラで撮影すると研究資料にもなるよ!

バチ抜けの映像記録はあまり存在していないため、スマホで撮影してアップすると、謎の研究機関から声がかかるかもしれません。スマホのカメラも、4Kだの8Kだの高画質が増えてきていますし、画像が鮮明であるほど、研究者にとってありがたい資料になりえます。

スマホのカメラは大抵、5万円以下のデジカメ以上の性能を誇ります。何もセルフィーだけが特技じゃないのよ?

ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました