釣り人の足腰は軟弱ではないか説

各地の釣りポイントを転々として、ふと気付くことがあります。

……駐車場から歩くこと、嫌いすぎじゃね?

スポンサーリンク

「都会っ子は軟弱!」の幻想

都会と地方を行き来すると、歩行速度の違いがよくわかります。

歩行速度の平均は時速4kmらしい。──私は10分で1kmは歩けるから時速6kmほど。この速度だと地方で抜かれることはまず無いし、都会でも後ろから煽られることはない。

でも朝のラッシュ時は「競歩選手かな?」って人によく追い抜かれます。

地方勤務してみて思った、「都会っ子は軟弱」はウソであると「地方民は10分歩くのさえ嫌がる」
まとめました。 更新日:3月18日07時24分

記事中にもあるように、昔は「都会っ子は軟弱!」といわれていました。徒歩メインの電車通勤を体験すると、「これを毎日やって運動不足とか嘘やろ?」……って思います。

上級役員ほど歩く必要がないから、意識高めに運動する必要があるんだろうナー。

サーフルアーで実感する車社会の徒歩嫌い

サーフは海の側まで車で行けないため、停めてから結構歩く必要があります。それも柔らかい砂の上を。

──まあ正直疲れるよね(本音)。

そのためか釣座は駐車場から近い位置から埋まります。その光景もまた、人間味があって面白い。
漁港だとファミリー層は車を直付けできる場所を好みますね。駐車場が整備されている場所でも、ポイントが遠いほど自転車を使ったり、洗練された移動手段を見かけることも。

近年ロックショアが注目されていますが

ロックショア(地磯)の釣りは、日本国内でも最上級の過酷なポイント。これに関しては、都会っ子に不利な点があります。

コンクリートジャングルでは、舗装されてない獣道や岩山を、歩いたりよじ登る経験はできません。ボルダリングを経験していても、磯とは微妙に違います。

ゴツゴツした岩の上に立ったりするのは、体幹も重要ですが、”慣れ”が特に必要。

スポンサーリンク

安全装備を整える前に体も整えましょ?

磯向けタックルや装備はフィッシングショーで推されているし、メディアも積極的に取りあげているため、競技人口が増える可能性が高い。

国内において、陸から巨大魚を狙いやすいポイントですが、最も命を落としやすいポイントでもあります。

落ちてもいいようにライジャケを……ではなく、”落ちない配慮”をしましょう。

磯で慣れるより軽い登山で未舗装に慣れるべき

これからは春の山菜採りで、プチ遭難者が増えることでしょう。慣れた人でも事故にあうのが山の恐ろしいところ。未経験者ならなおさら。

それは魚釣りにも当てはまります。

車社会が運動不足になりやすいのは、階段昇降が少ないのと、徒歩移動が少ないこと。ならそれをどう補うかは、日常のどこかに運動を取りいれればいいだけ。

年齢を重ねても、体は動かすことで機能を取り戻せます。

ロックショアを目指す人は、ダンスを取りいれたエクササイズを実行するのがいいのではないかと……。 慣れる前に事故っちまわないよう気をつけましょう。

コラム釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生