【TSURIKO】気になってた釣り動画配信サービス

キープキャストで巡るブースを選りすぐっていた時、「TSURIKO」に目が止まる。それは今まで聞いたことがなかったから。

やべーくらい情報がなかったけど、どうやら動画配信サービスとのこと。

スポンサーリンク

とりあえずブースに訪れてみたが…

みょうに広いスペースを取っていたので、動画サイト運営のノウハウをこれでもかと無駄に披露しているのかなと想像していた。

蓋を開けてみれば、さも当然というか……。映像と簡易ステージのみで、メインはチラシ配布でした。あーうん、何がやりたいのかはわかってたからおk。

というわけで説明します。

「TSURIKO」は魚釣りのデジタルマガジン

わかりやすくいうと、「釣りビジョン」のウェブ版みたいなものです。

最初はYouTuber育成セミナー的なサービスかと思っていました。

月額ぽっきりの”サブスク”は今の主流に乗っているサービスだし、「いーじゃんいーじゃん! やっちゃお?」と、意識高い上司に響くワードが詰まっております。

デジタルクルーズ株式会社、 釣り業界初の機能やサービスを備えた総合釣りメディア TSURIKO」を201934日にサービス開始!|@Press

月額980円が高く感じるか、安く感じるかは人それぞれ。

ぶっちゃけ、コケそう(直球)

見込み客をどれだけ想定し、その収益から出演者のロイヤリティーなりサイト運営などもろもろ。この月額なら、釣り人口の5%が加入して、広告費も貰えばなんとかなるやろ、的な数字っぽい。

……プロがそのままSNSで宣伝するほうが効果があるんじゃね? 感はします。

動画で使っているタックルを、観ながら購入できるのは、新しくはないけど面白いですね。「どうだ、釣りビジョンにはできないだろう!」といいそう。

有料なら広告がないといいつつ、無料なら見れないんじゃね? というツッコミは野暮なのだろうか……。ニコ動みたいなこといってておもしろいゾ。

30日お試し無料期間があるよ

バスメインじゃなく、釣りの総合メディアとして成長して欲しいですね。

TSURIKO

Youtubeで公開されているメーカー動画は、無料でも視聴回数が少ないのが目立つ。個人のほうがバラエティ色を強めれてウケがいいのもあるでしょう。でも”世界最大”の動画サイトですらだから、ネット市場はニッチな釣りジャンルで勝負するのは、行く末が不安でしょうがなかったりする。

……ようつべでチャンネル配信したほうがまだ希望があると思うのだが。

半年経って忘れてなければ、その時また振り返りたいですね。

釣りの雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生