GW中に「ホゲる」が話題だったってことは…

今年のGW中、私のサイトに不思議な現象が起きていた。

検索ワード「ホゲる」で訪れる人が、爆発的(誇張)に増えていたことに気付く。そこから連想できるのは…………。

みんな釣れなかったんやねぇ……

スポンサーリンク

魚釣りは腕?いやいや情報戦ですよ!

魚釣りは「腕(テクニック)」至上主義なところがあります。

いやいや……腕があっても、魚が居ないと”魚釣り”が成立しないじゃない? 釣りをするだけなら糸を垂らせばいい。でも魚を釣るためには居ないといけない。

──知っての通り、日本近海の魚資源量は減少を続けています。それは釣りがしやすい沿岸も同じこと。

昭和のバブルがはじまった頃、釣りブームが訪れています。この頃はとにかく魚が豊富で、聞いた話だと浜名湖今切口の堤防にクロダイがびっしりいたらしい。だから1人10枚は当たり前、多いと50匹も──みたいな記録もあります。

だからジッサマ達は口をそろえて、「昔はよく釣れたのになぁ」といいます。

魚が減った海でいかにして魚を探すか?

よく「貴重な1匹!」とルアーメンが口にしています。これわりとバカにできない言葉なんですよね。それだけ沿岸から魚が減っているんです。

シンプルに、魚は釣られるとそこから1匹減るわけで、釣り人が多いポイントほど数が減ります。人気ポイントは潮回りがよく、魚が回遊してきやすいメリットがあるけど、人が増えることですぐ釣られきってしまうんですね。

だから釣果を聞いて、「あそこ釣れてるぜ!」で訪れる後発組が釣れないことが多い。そうするとクソポイントと吐き捨て、また同じことを繰り返すでしょう。

……じゃあどうすれば爆釣を経験できるか?

簡単な話です。誰も釣りがしたことがない場所にいけばいい。ただそれだけ。

だから立入禁止区域で捕まるマンが多いワケ

現在の釣り場で、地図にのっていない場所はないし、誰でもいける場所でブログにのっていない所もありません。

ただし、この世の中でも人が入れない場所は存在します。それが侵入禁止の区域です。

SNSの普及でよく晒されている人も多いですが、”魚を釣るためなら”賢いです。でもそれは法律違反だし、倫理的にもクソすぎます。──でも釣らなきゃいけない、そんな人が違反しているように見えます。

まあもともと漁港(波止)は関係者以外立ち入り禁止ですしね。

バレてもバレなくても犯罪なんですよ

暗黙で釣りをさせて頂いていると理解しない人が未だに多いから、10連休中もゴミが増えてマナーが悪いため、閉鎖が決定された漁港もありましたねぇ。

10連休中は人多すぎで魚が絶滅危機になった疑惑

10連休中に釣りへでかけた人は多かったようです。

でも「人多すぎ」の感想ばかりでしたね。そりゃいつもの3連休でも、人がみっちりなって釣りどころじゃなくなるのが、”連休”ですからね。

そのため釣りが楽しめなかったり、釣れなかった人が多いようにも思える。

だから”あの単語”が多く飛び交うようになったのではないか? と推測します。

スポンサーリンク

ボウズだろうがホゲようが恥ずかしくなんてないぞ?

魚釣りは釣れて当たり前、みたいな風潮がどことなくある気がする。もしかしてみんなプロなのかな?

私は趣味の範囲だから、”釣りができればいい”と考えているほうです。だから釣りに行ければそれで満足するレベル。釣れようが釣れまいが、どちらでもブログは書けるし。

あと国の根っこにある問題として、失敗を怖がりすぎる点があります。

「失敗は成功のもと」──そういわれるのも理由がある。失敗した過程を記録して、次はしないよう正しい方法を選ぶか、それとも違うアプローチを考えるか、その過程が重要です。

世にはあえて失敗することで発見されたり、発明された物も多いですしね。だから失敗は悪いことじゃない! むしろ成功だけ選ぶから、日本でめちゃスゴイ発見があまりないんです。

ホゲるの意味が知りたいならこちら

どう思うかは人それぞれ。考え方も人それぞれ。あとはあれだ! 釣りに行かなければホゲることもないぞ!(前向き)

「ホゲる」については真面目に調べてますが、ホント……どこが語源なのかよくわかりません。ラテン語が訛って伝播したように、ホゲてんじゃないかなと思います。

コラム釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生