沼津港深海水族館と深海魚ランチ

沼津港に隣接する商店街に、ちょっと空気が違う建物がある。それが深海水族館。2日前には深海のアイドル「メンダコ」の卵が孵化したと話題になり、いいタイミングで訪れたかもしれません。

生メンダコちゃんはかわいかったぞ!

スポンサーリンク

世界よこれが深海の街だ!沼津港深海水族館

「沼津港深海水族館」は”世界初”の事例が多い。

冷凍保存のシーラカンスがいるのと、深海生物をテーマとする水族館であること。飼育が難しい深海生物を、展示しながら飼育するのもなかなかクレイジーです。

沼津港深海水族館
光の届かない、深海。そこにはどんな生物がいるのか、実はほとんどわかっていません。きっと想像もつかないような生物が泳いでいるのだと思います。世界的にも希少なシーラカンスのほか、珍しい生物をたくさん展示。「こんな生物がいたんだ!」という発見をお楽しみください

深海魚は店で見かけたり釣りで触れる魚よりも、ちょっとばかり特殊でユニークな奴らが多い。

ここでは生きたダイオウグソクムシも見れるようだから、ワクワクすっぞ!

平日は人も少なくてじっくり展示を見れるのが至福

入場して一番目に見たのは、さっき食べた「アブラボウズ」でした。でかいタラ(GT)みたいな容貌で、なんとなくヌルヌルしてそう。

GW後の平日もあって館内の人は少なめ。おかげでじっくり眺めることができる。10連休中はみっちり入っていたんだろうか……。

館内は暗めだから足元に気をつけてね!

魚だけじゃなく、甲殻類やよくわかんないヤツもいるし、見た目がファンタジーな生物が多いから、眺めていて面白いですね。

深海生物は地上にあげると溶けちゃう弱さで、日差しで灰になるバンパイアみたいな存在。もし自宅アクアリウムをするなら、石油王クラスだと実現できるでしょうね。

View this post on Instagram

#沼津港深海水族館 #ミノカサゴ #動画

さししさん(@sasisi344)がシェアした投稿 –

ハリセンボンは大人の親指くらいの小ささで、活発に動き回っておりました。深海魚よりもやはり泳力が強いのか、それとも低水圧での本能なのか、よく知る魚たちは機敏でしたね。

豆腐メンタルすぎる深海のアイドル「メンダコ」

館内での撮影は基本的にフラッシュ厳禁。そして数箇所が撮影禁止となっております。最も人気な展示だろうけど、撮影禁止で残念なのが生きたメンダコちゃんです。だから自分の目で見てくださいね。

薄い水槽に5匹くらい居て、動くところもじっくり眺めれたから、なかなか珍しい体験ができたかもしれない。

下からみるとタコだなってわかる

ちなみに乾燥したメンダコもいます。「タコせんべい」にしかみえん……。

撮影禁止なのは豆腐メンタルすぎる繊細さは理由のようですね。連休中は多くの人が訪れただろうに、アイドルも大変だなと。

沼津港深海水族館が”メンダコ”展示の世界記録更新中 カメラを向け続けると死ぬくらい繊細、記録更新の秘訣は?
苦労が実を結んだ。

闇にうごめくタカアシガニが完全にホラーな件

世界最長のカニ「タカアシガニ」は、沼津の戸田で飽きるほど見れますけど、ここに居るヤツはホント……大きかったです。

もうこれロボじゃん。

暗室で目の下が光る「ヒカリキンメダイ」の展示は、魚の姿がみえないけど発光部が星のように輝くのが面白かった。夜釣り視点からだとケミホタルの大群にしか見えないケド。

かわいい。手に載せたい
うまく死角に入ってそうなアイツ

さらなるディープな空間は2Fで!

冷凍されたシーラカンスはよくこの形を保っているなと

古代魚といえば「シーラカンス」だし、深海魚のイメージもあります。生きた姿が撮影されたりと、判明している深海生物ではわりと”身近”に感じる存在ではないかと。

沼津港深海水族館は、別名に「シーラカンス・ミュージアム」があります。2Fはその展示がメインでした。

間近で見れる凍ったシーラカンス

強そう(小並感)。

泳いでいる映像があって、それを見ると背中と胸鰭だけ動かして泳いでいるんですね。それを足のように動かし水中を移動する姿は、”歩行への進化”が想像できる姿かと思います。たしかに尾びれが異様に小さいしな。

停電で非常電源が起動しないと溶けちゃうのだろうか

2Fは個性的なヤツが揃っていて、ネットで人気の「ダイオウグソクムシ」もここにいます。

グソクワールド
ドッキンググソク

こいつらどうやって重なったんだろう……。

ちなみに「オオグソクムシ」はめっちゃ動き回ります。こっちのほうがダンゴムシやフナムシの仲間感があります。

沼津の深海魚料理でみかける魚たちも、泳いでいる姿が確認できます。ちなみにオオグソクムシも、漁師メシで食べられているようです。

帰り際にはメンダコちゃんグッズもね!

人も少なくてじっくり眺めていたから、1時間近くは滞在していたかな。

圧がすごい

展示の最後には、ここまで何を学んだかを試すクイズ端末がありました。中級をやったら1問外して「大学院生レベル」らしい。全問正解なら「博士レベル」なのかしら。

そしてラストは物販。当然だね!

ぬいぐるみの触り心地がヤバイ

紐をひくとブルブル震えるメンダコは、買ってもよかったかなと後悔している。すぐ飽きそうだけど……。

水族館は食事と買い物前に立ち寄るほうがいい理由

その理由は、深海水族館の半券が隣接する商店街の割引券になっているからです。

水族館のチケットで10%OFFになる店紹介

深海魚を眺めたあと、深海魚メシにするほうが、ちょいお得ですね。……私達は先に食べていたし、レジで気づいたから「あっあっあっ」となりました。

──まあ1割程度だし、あまりがっついても引かれるだろうしホドホドにね。

ちなみに水族館は出口にあるスタンプで再入場が可能です。なので1日に二度見もできるし、良心的ですね。

深海魚丼がマグロ丼より高いんですが…

水族館の前にランチして、10%分を損した我々ですが、めちゃウマかったからセーフ!

昼食は深海魚系と決めてました。戸田は煮付けとからあげだったので、今回は生でいきたいと──寿司にするか丼にするか悩んだ結果、深海魚丼に決めました。

海鮮丼 佐政|食べログ

https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22031391/

店は水族館の向かいにある「海鮮丼 佐政」です。

海鮮丼の値段を見て、深海丼がマグロ丼の2倍するじゃねぇかと驚く。

それよりも生食できる機会はそうそうないし、価値を考えれば当然か。

深海魚丼は値段とつりあう旨さでビックリ

乗っている海鮮たちは、「アブラボウズ・なんとかカサゴ・キンメ・桜エビぽいけど違うエビ」それと2種くらい……適当だな!

深海魚丼!

アブラボウズは深海魚料理でも高級なので、これとキンメで1丼2500円は納得した。アブラくんの身質は柔らかいと思っていたけど、新鮮なブリより歯ごたえがあって、ほんのり甘みがあって刺身に合うタイプ。

どうですこのアブラボウズの身、なかなか美味しそうでしょう?

エビも普通に美味しいし、生臭さも感じない。‥…ただひとつ気になるのは、見栄えのためにわざわざ頭をつけているけど、これの目が白く濁っているところだった。もしかしなくても使い回ししてない?

丼に選べる汁3種があって、オマケにアジの干物がついて、2500円はわりとお得なのでは?

次があれば”握り”いってみたいですね。

沼津港深海水族館:概要|Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BC%E6%B4%A5%E6%B8%AF%E6%B7%B1%E6%B5%B7%E6%B0%B4%E6%97%8F%E9%A4%A8
沼津港で海鮮丼・ランチに「港八十三番地」
コンセプトは、駿河湾を味わう町。おいしくて、お手頃で、サービスがいい、3拍子そろったお店を揃えています。駿河湾の恵みをはじめ、静岡の食材をふんだんに使い、お寿司、浜焼き、天ぷら、丼もの・・・いろいろな味わいを用意しましたので、獲れたてをお召し上がりください。沼津港で海鮮丼やランチを楽しむなら「港八十三番地」へ!
雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生