小イーターを誘う小型ブレード付きのちりめんジグ!

マグバイトから発売される「ちりめんジグ」は、指先に乗るサイズの小型メタルジグ。

小型なのにアピール抜群の回転ブレードがついており、これが特にいます。

小さいけどよく飛ぶし、アピールもマシマシなジグだから、アジ・サバの1年生が集う初夏の波止で、サビキ釣りの隣で一本釣り感覚でやるのが向いているかと思います。

ちりめんジグの細かいスペックに、狙いドコロにおすすめなどを紹介!

スポンサーリンク

ちりめんジグの強みは回転するブレード!

マグバイトから発売される「ちりめんジグ」は、カリカリの”ちりめん”を冠するだけあり、指先にチョンと乗るほど小型のメタルジグです。

それだけならありきたり……、でもこれは回転するブレードがついている……!

小さいルアーは魚のサイズを問わず釣れやすいメリットがあります。反面、どうしても視認性が悪くアピールに欠けます。それを補うため、派手なカラーにフックのフラッシャーなど、光で誘引するのが定説でした。

ちりめんジグは、その常識をぶち壊したかもしれない

回転するブレードは確かに効果が高いですが、”小さくするのが難しい”部品。

ルアー本体より小さいブレードを搭載し、ウェイトバランスも万全! このサイズでは唯一といっていい巻ける小型メタルに仕上がっています。

ライトタックル対応でただ巻きでも釣れる!

既に小型メタルはライトタックルで定番。でもちりめんジグは、初期装備でブレードを搭載しているため、他よりアピール効果が高く、これが弱いはずがない!

どうです? めっちゃ小さいでしょう。

現在のラインナップは1~3g。1gは爪楊枝3本まとめた感じの大きさで、3gはずんぐりと人差し指の第二関節くらいのサイズになります。この小ささで回転するブレードが初期からあるのは、オンリーワンかもしれない。

着水から回収まですべてバイトタイム!

ブレードがスイムを安定してくれるため、ちりめんジグはただ巻きでも使えます。

もちろんフォール時がもっともアピールするので、着水からカーブフォールするだけで十分釣れます。だから水深がある波止で効果を発揮しやすいですね。

すべてバイトタイム!

ただ巻きでも使える強みは、比較的浅のポイントで使えること。海岸でピチピチしている小魚を狙うには、丁度いいサイズでしょう。

フォールからただ巻きまでオールラウンドだから、メーカー紹介にある通り、「リトリーブからフォールもすべてバイトタイム!」です。残業代は出ますか?

スポンサーリンク

ちりめんジグを使うならライトタックルで

ルアー本体が1~3gと軽いし小さいため、扱うロッドはライトタックルが望ましい。

シーバスタックルでは硬すぎるし、それがなければ管釣りトラウトの装備がちょうどいいくらい。アジ・メバル用のライトタックル仕様なら問題ないです。「UL(ウルトラライト)」のロッドがもし持ってなければ、ちりめんジグを使うため──より、ライトタックルをはじめよう! の気持ちで購入するのがいい。

普段シーバスやヒラメを狙っていると、リールも小型が必要になるのが難点だけど、初期投資は大物狙いより安く済ませることができます。

おすすめはシマノの「ルアーマチックS76UL」。波止のアジング・メバリングをするに困らないし、そのままで管トラウトも──。

新しくタックルを用意すれば、対象魚も増えるし釣りの選択肢も増える。……となれば、楽しさも倍々するからテンションあがりますね!

サビキ釣りのおこぼれを拾うテクニック

ちりめんジグのシーズンがはじまるのは、小型のアジ・サバが釣れだす初夏から。

この時期は堤防のサビキ釣りが盛況で、コマセをまいてくれる人さえいれば、魚が居ない状況がまずないほど。そこでアジかサバが釣れているのを見かけたら、ちりめんジグを投げてフォールさせるだけで、「コココン」と魚がアタックしてくるでしょう。

サビキと違い1匹ずつ相手するため爆釣は難しい。でも柔らかいロッドを使うことで、魚とのやりとりが楽しめるし、なにより”魚を釣る特訓”をするに最適です。

夏の浜名湖チニングで活躍しそう

小さいルアーは釣れやすいですが、小さくすると飛距離が伸びにくい。これがライトタックルの泣き所……。

でもちりめんジグはブレード付きのメタルだし、全体がオモリなので、専用タックルなら30mは飛ばせるだろうし余裕でしょう。1gならフライタックルで使うのもアリじゃないかな。

トップだけじゃ出ない魚を釣るため、沈むタイプをフォローにするのが定説です。その選択肢で”ちりめん”が新たに活躍するかもしれません。

カラー選択は、デイなら「レーザーイワシ」「シルバースポットグロー」がおすすめ。ナイトは「アカキン」「チャートスポットグロー」があれば十分かと。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました