なぜアングラーは帽子をかぶるのだろうか

「なぜアングラーは帽子をかぶるのだろう?」という素朴な疑問があります。

日中ならわかる。日差し強いもんね! でも夜にかぶるのがよくわからない。怪我防止の意見が多いけど、フックなら余裕で貫通するから意味ないんじゃね? と思っていたり……。

なんで帽子をかぶるんだろうね……。

スポンサーリンク

アングラーが帽子をかぶる理由

アングラーが帽子をかぶる理由は「安全対策」が一番でしょう。

「キャスト時にフックが刺さったら危ないだろ。でも帽子があればヨシ!」──なんて声もあるけど、革製ならともかく、合成繊維のペラペラなキャップで、かっ飛ぶルアーのフックを完全ガードできるとでも? 完璧に守るならヘルメットを選択するべきでは。

ということは、安全は建前か(暴言)。本質は別にあるのではないだろうか

夜に帽子をかぶるのはヘッドライトを装着しやすいから

夜は明かりが欲しいので、ヘッドライトを装着しますよね。その時、帽子があると装着しやすいし、ベルトの形で髪にクセがつくのも防げます。いいね!

でも首にかけたり、ベストに着けるならいらないよね……。潮風で髪がゴワつくから、帽子があるとサラサラヘアーを維持できるね。

眼と髪を紫外線対策から守るためにかぶる

アウトドアスポーツは、太陽の下に長時間居ることになるので、紫外線対策をしないと肌を痛めてしまいます。特に重要なのは眼を紫外線から守ること! 眼球も日焼けするし、太陽を直接みると視力低下や最悪失明もありますからね。

眼を守るにはサングラスが簡単な対策法ですね。帽子をかぶるだけでも、顔に日陰ができるため、無いより格段にマシな日焼け対策になります。日焼け止めを塗ればさらにヨシ!

スポンサーリンク

簡単なオシャレアイテムかつ紫外線から身を守れる帽子は格好いい!

帽子はオシャレアイテムですし、釣具メーカーのロゴ入りもあります。ロゴは同士を見つけるランドマークみたいなもので、自分の推しをかぶれば仲間に出会えるかもしれません。東西メーカーで喧嘩はしないでね。

夏はこういう広いタイプがおすすめ。顔だけじゃなく首も守れるから、日差しが強い季節には頼りになります。

暑い時期は通気性もいいし、コスパもいい麦わら帽子が最強なのではないか、と思っている。

紫外線は真夏よりも、5~9月が特に強くなります。まだ涼しいからって油断していると、釣りの翌日に顔が真っ赤でシミソバカスが待っている可能性もありますよ。そんな時は、あらかじめサプリを飲んでおくといいでしょう。

ダメージを内側からケア【マスターホワイト】

肌の代謝促進はビタミンCが要です。日中に活動した後は、ビタミンを積極的にとると肌の回復も早まります。

タイトルとURLをコピーしました