令和初セリのマグロはおいくら万円だったのか

令和初セリのマグロはおいくら万円だったのか

2020年の初競りは令和の初競りです。

さて今年のクロマグロさんはいったいおいくら万円だったのか。そして勝者はどこだったのか。

スポンサーリンク

1億9320万円で落札したのはい・つ・も・の

というわけで、去年に続き「すしざんまい」が1億9320万円で落札しました。

1億9千万はざんまいの落札記録でも2番目。前年の3億超えがぶっ飛びすぎています。

  • すしざんまいが落札する
  • マグロの解体ショーがはじまる
  • 日本イチのマグロが食べれる!
FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。

不況を吹っ飛ばす1.5億の落札は2013年のこと。オープンしても散々だった豊洲を沸かす3.3億は去年のこと。……今年はどんな一年になるのだろうか。

令和のマグロ初競り1億9320万円、前年比42%安-今年も喜代村が落札
豊洲市場(東京都江東区)で5日朝に初競りが行われ、青森県大間産のクロマグロが史上2番目の高値となる1匹当たり1億9320万円(1キロ当たり70万円)で競り落とされた。史上最高値3億3360万円(同120万円)となった前年との比較では42%安かった。

”前年比42%安”と煽るのはやめてさしあげろ。

グレタさんが日本に来たそうだったし、このマグロを振る舞えばよかったのでは?

| 日本海新聞 Net Nihonkai

そしてニュースに流れるのは、「落札価格は漁師にどう還元されているの?」などのカネにまつわる情報。

初競りマグロ最高値に青森の漁師「長年の夢」
 豊洲市場の初競りで1億9320万円の値を付けた276キロのクロマグロは、青森県大間町の漁師山本昌彦さん(57)が釣った。山本さんは5日、地元漁港で報道陣の取材に応じ「漁師をやっていれば初競りで最高値を付けてもらうのは夢。長年の夢がかなった」とうれしそうに語った。

「その価格はご祝儀価格であって相場じゃない。だから分けてくれてもいいのでは?」

──みたいな考えも少しありそう。突然収入がドカンと増えても、来年の申告で泣きを見るだけですし、1億程度は船のローンを潰すとかパワーアップさせるなど、自分への投資に使うのでは? あと家族をねぎらうとかね。

すしざんまいのパチンコ台があるってマジ?

過去の落札価格を調べる過程で、なぜか社長のパチンコが出てきたんですが(困惑)。

しかも割と最近やんけ!

一体どこに需要があったのだろう。そして誰が企画を通したのだろう……。キャラクターコンテンツは混沌であるほど面白いけど、玉より寿司出してほしい。

ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました