「究極の血抜き」に興味はあるかい?

「究極の血抜き」に興味はあるかい?

魚の血抜きは鮮度を保つために重要な儀式。

中でも最高峰とされる「津本式 究極の血抜き」は、YouTubeや書籍で学ぶ機会があります。今までの血抜きは間違っていた、となるかも。

「津本式 究極の血抜き」とは?

究極の血抜きとは、魚から血液を全て取り除くこと。

魚が生臭くなるのは内臓と血液からくるもの。なので新鮮なうちに血と内蔵を完全に抜いてしまえば、臭みがなく美味しい魚を維持できます。

「鮮度がいいから美味い」はただの盲信。釣りたてだから美味いと感じるのは、内臓や血液の生臭さが移りきっていないから。

それを美味いと信じ込んでるのは損をしています。なぜなら、本当の旨味は熟成させてこそ出てくるものですから──。

究極の血抜きは、長期の熟成をするために必要なこと。内蔵や血は新鮮なほど使えますが、主に食べる部分の筋肉は、熟成させてこそ旨味成分が増します。

究極の血抜きは販売されている鮮魚でも通用する

津本式の血抜き術の特徴は、水圧を利用して血や髄液を完全に取り除くこと

言葉で説明するより、実演の動画を見るほうが早いでしょう。

津本式の利点は、死後硬直が終わった魚でも強制的に洗い流せるため、スーパーで売っている丸々1本の魚でも、完全に血を取り除くことができること

特別な道具はホースにつけるノズルだけ。ノズルはホームセンターでも売っています。注射器でも代用できないこともない。

魚の血管や神経がどこにあるかは、種類によって多少は変わりますが、大半は中骨に沿った太い血管があります。

頭と尻尾を切り落としたら、中骨の近くで血がにじんでくる血管にノズルを挿して、水をビャーッと流せばOK。水道水でも構いません。

興味ある方は「津本式」のYouTubeや書籍をどうぞ

究極の血抜き術はYouTubeチャンネルもあります。血抜き術を動画で実践してくれているので、見なきゃ損ですよ!

究極の血抜き津本式/Tsumoto
日々、魚を美味しくさせるために研究しています。 たどり着いたのが津本式 究極の血抜きでした。 品定めからはじまり、血抜き、保存に至るまでを徹底的に研究しています。 血が旨味の良し悪しを変える。 新しい新鮮な魚が美味しいと言われる世の中の常識を覆したい。 新しくない=悪い、古い これでは資源がなんぼあっても足りません。...

文字でじっくりインプットしたい方には書籍もあります。地域の図書館でネット検索すれば見つかるかも。