EXSENCE BB|海水がかかる前提のタフな状況下で使える対シーバス用リール

EXSENCE BB|海水がかかる前提のタフな状況下で使える対シーバス用リール

EXSENCEはシマノのシーバスブランド。ロッドにリールそしてルアーと、専用のセッティングでシーバスアングラーの要望をかなえるために存在しています。

釣りフェスで展示されていた「EXSENCE BB」は、マットブラックな見た目で、他のリールよりも特別な存在感がありました。今回から防水機構(Xプロテクト)が搭載され、ロックショアやウェーディングなど、海水がかかる前提でも使えるモデルに進化しています

スポンサーリンク

より過酷なフィールドに足を運ばされるシーバスアングラー

シーバスはルアーフィッシングでも屈指の人気を誇る対象魚。日本の沿岸なら全国どこでも狙えるし、バスよりも遊べるフィールドが多い。そのため潜在する市場規模は魚釣りでもトップクラス!

その反面、デメリットが顕在する。

人気が多いゆえにアングラー間の競争が激しい。平たくいえば、”誰でもできるor知っている場所”は釣られきってしまうため、「どこでも釣れる!」がウリ文句として使えなくなってきている。これはタックルの進化によって、テクニックの差がさほど重要でなくなってきたことも大きい。

なので腕に覚えのあるシーバスアングラー達は、常に”釣れるポイント”を探し続けている……。それを解決する答えはとても簡単──

「初心者が入れないようなフィールドを選べばいい」

代表的なのが磯のヒラスズキですね。干潟のウェーディングも場所によってはかなり歩くし、潮汐の知識がないと帰れなくなる危険性もある。どちらも競争率は低めだし、大型も狙いやすく、数も釣れる!

……とはいえ、そういう場所ほど危険が伴う。タックルや自分に海水がかかる前提になるため、錆に弱い金属製品にとって酷な環境になります。特にリールは金属部品が多く、釣具の中でも繊細なギアです。

紹介するシマノの「EXSENCE BB」は、過酷な状況下でシーバスを狙う人のために考え抜かれたリールです。

エクスセンス BB [EXSENCE BB]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

「EXSENCE BB」は挑戦者なアングラーの要望を叶えてくれるリール

「EXSENCE」自体はシマノのシーバスモデルのブランド名。ルアー・ロッド・リールが主になりますが、今回はリールについての話。既にいくつかのモデルが登場していますが、一貫しているのは「漆黒」ですね。20年モデルもマットブラックな見た目です。

今作のコンセプトは「高耐久」。

磯やウェーディングの酷な環境下は防水機構で乗り切り、ランカーの引きにはギアが応えてくれる。そして見た目は中二病をくすぐる漆黒なカラーリング。さすが専用モデルの最高峰! ──と感じる出来栄え。

ヒラスズキやランカー狙いなら、4000MHGがおすすめ。

Xプロテクト搭載で海水を被るのも怖くない!(でも洗ってね)

新モデルから「Xプロテクト」を搭載し、海水の侵入を極力ふせぐ防水モデルになりました。前述の通り、海水を被る状況下でも滑らかなリーリングを実現します。

波をかぶる前提の釣りは、安全面でどうかと思いますが、水面と近いウェーディングだと嬉しい心配りですね。腰まで浸かっていると、ちょっとした波でもだぱっとタックルにかかりますから……。防水じゃないリールだと大騒ぎになります。グリスが変化してハンドルが鈍くなるし、最悪OHするハメになります……。

Xプロテクトは海水が影響しやすい「ラインローラー」と「ボディ」の接合部にあります。海水の侵入を極力防ぎつつ、撥水処理をしているため、洗浄だけでメンテナンスが完了しやすいから楽ですね。

浅溝スプールはいいものだ

通常のスプールにPEを巻くと、捨て捨て糸で下巻きしてから巻く事が多く、面倒に感じることがあります。「俺はこれを巻いて今すぐ釣りに行きたいんだ!」の気持ちに水をさしてしまうことも……。

浅溝スプールはPE1号なら、そのまま150m巻けるので、巻き直しも非常にラクです。

下巻きはガチガチに巻かないと、PEが隙間に食い込んでトラブル案件にもなるし……。PEを150m巻いても、150m先にキャストするわけじゃない。オマケに市販品のPEは150m巻がせいぜい。

──なら、150mをキッチリ巻けるスプールでいいのでは?

そう私は思う。だから浅溝スプールがもっと増えればいいのにと思っている。メインラインにPEが当たり前の時代だからこそ、だよ。これを採用しているのは、ライトゲームとかトラウトなど、あまり巻く必要がなかったり、もともと細いラインを使う釣りで採用されていることが多かった。

その流れがようやくシーバス界には来ているわけです。

スポンサーリンク

シーバスハンターならステラ以上の存在になるリール!

EXSENCE BBはシーバスアングラーの”欲しかった物”を実現してくれている感じ。

防水だけならステラでもいい。巻心地ならステラでいい。パワーならステラで……と、互換なら最高峰を選べばいい話。ですが、EXSENCEならではというか、シーバスを釣るために特化したこのリールはやはり考え抜かれています。

だってピカピカのリールより、マットブラックなほうが、汚れや傷が目立ちにくいやん?

ピッカピカの新品リールを、ごつごつした磯の上に置けます? 誰でも最初はためらうよね。光沢がない漆黒のEXSENCE BBなら、まあいいかって置けるよね(多分)。だから”タフな使い方”にもってこいの存在なわけです。

新モデルの発売は2020年の3月予定! 春バチはちょっと過ぎちゃうけれど、初夏の数釣りが可能なシーズンに当たります。そこで効果を試してみるのもありですね。特にヒラスズキはやりやすいタイミングになるし、河口シーバスで大型も狙い所。

購入後のテストにいいタイミングで、面白いのを発売してくるなぁと感じました。

リール
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました