ポケットサイズまでたためるランディングネット

ダイワの「ワンタッチランディングネット」は、フレームがバネ板みたいになっていて、丸めて収納できます。最小サイズになると、ジャケットのポケットなら余裕で入るくらいに。

水と近い釣りで携行するのに超便利!

スポンサーリンク

ワンタッチランディングネットは水と近いアングラーにおすすめ!

とにかく小型に収納できるのが利点。付属のポーチはだいたい3000番台のリールが入るようなサイズ。ハンドルがない分、ポケットに入るサイズになっているわけです。

柄が短いのはどうしようもないから、水が近い釣りをするアングラー向けです。例をあげれば──

  • 渓流
  • 管釣り(ポンド)
  • ウェーディング
  • 水遊びのお供に

といったところ。ライジャケのポケットに、ウエストバッグにも入ります。海の近くへ旅行の際には、バッグの片隅に入れておいて、磯遊びで採取のお供にもできます。便利!

ただひとつ難点があるとすれば、”常時”ワンタッチじゃないこと。

収納時は本体を曲げて収めるから、解放するだけで開くのでワンタッチといえます。でも折りたたむ時は、ぐにゃぐにゃ曲げて小さくする必要があるし、地味に面倒だから、ランディングのたびに開いて閉じては効率が悪くなります。

「釣り場に来て一瞬で開き! 帰る時は小さくなる!」──と考えれば、有能さが伝わるでしょうか。

折りたたみのランディングネットより頑丈なのが利点

ワンタッチランディングネットは、バネ板を曲げてたたむ方式。網のフレームを折りたたむ方式じゃないから、継ぎ目がないから強度はそれ以上。柔軟性があるため変な曲がりクセもつきにくい。

釣り場について開いたら、あとは腰にさすなりD管にぶら下げておけばOK。帰りはぐにゃぐにゃ曲げて……。こう、曲げ……て……オイオイオイ、収納サイズまでたためねぇ……。

なんてこともありました。わりとね、固いのよ……。

DAIWA : ワンタッチランディングネット - Web site
コンパクトに収納でき、さっと取り出せる渓流用タモ
タイトルとURLをコピーしました