帽子をかぶっても頭部をひんやりしてくれるグッズ集

連日の熱帯夜でダウン気味になりました。湿度があがる夜はマジキツイ。

高熱のときに使うアイスノンが役立ってふと思った。「頭部を常に冷やしてくれる保冷剤ってあんまり無いよな、あったら炎天下でも釣りをする時、便利そうなのに……」。そう思って検索してみると、理想の形がありました。

スポンサーリンク

帽子をかぶっても頭部をすっぽり包んでくれる保冷剤

頭ひんやりパッド」は、ひんやり素材で頭頂部をスッポリ包んでくれます。帽子やヘルメットを被れるから、外仕事にアウトドアでも使えますね。頭に乗せれるからデスクワークのお供にいいかも。

冷感素材なので水に濡らすだけでも効果はあります。小型の保冷剤をポケットに入れれば効果倍増!

外仕事をしている人には「クーリングヘルパッド」がおすすめ。

ヘルメットや帽子などの下に入れることを前提としています。全体は冷感素材でできており、額には汗取りパッド、頭頂部は冷感素材ですっぽり覆い、首の後ろは保冷剤でキッチリ冷ます!

釣りに使うならこっちの方がいいかも。首後ろの日焼けも防げるしね。

首にぶらさげるネックファンも登場

昨年から手に持てるサイズの携帯ファンが人気に。ミスト機能がある製品もあったり、酷暑の外をオシャレに歩く方法は日々進化してますね。2020年のトレンドは、首にぶらさげて手をフリーにできる「ネックファン」かな。

首掛け扇風機はコンビニ・スーパー・ドラッグストアなど、どこでも売っているのを見かけるけど……街歩きで着けている人は見ていないな……。あまり動かない室内仕事とか向けかもしれないですね。

ネックファンより効果が高いのが、直接冷やしてくれる「ネッククーラー」。首の頸動脈を直接冷やしてくれるので、体温を上げすぎないために重要な役割を果たしてくれます。ね

ネックファンは首に濡れタオルなり冷感タオルを巻いて使うほうが良くて、ネッククーラーは単体でそれと同じ効果がある──という具合ですね。

着るエアコンは真夏のビジネスマン向けかも

このクソ暑い中でも、ジャケットを羽織るをえないビジネスマンもいる。見かけるだけで暑苦しいと思うかもしれない。でも夏用は通気性が良い素材だったり、風を通すことで涼しくなるから、人によってはワイシャツだけより良いと感じているかも。直射日光を防げるしね。

そんなビジネスマン向けに、インナーシャツに仕込めるタイプのエアコンがソニーから発売されています。発表当初は暑さと無縁の時期だったけど、ひときわ暑い2020年の夏で真価を発揮するのか!?

ソニーの「着るクーラー」は、目立たず“自分だけ涼める”のがイイ【家電製品レビュー】
夏を涼しく過ごすアイテムとして人気の、持ち運べる扇風機「ハンディファン」は、今年も多くのモデルが発売されている。これに続く新しいトレンドといえるのが「着るエアコン」や「着る扇風機」だ。

充電電池で常に冷える保冷剤と考えれば、2万弱にも価値を見いだせるかもしれない。

スポンサーリンク

炎天下で釣りをしても良いことはあまり無い

お盆休み期間の浜松市は特に暑かったため、日中の釣り人はあまり見かけず、夜釣りが増えていた感じです。さすがに炎天下は皆ヤバイと思ったのでしょうね。

夏のデイゲームといえばトップゲーム。それを楽しむには炎天下で釣りをするしかありません。これまで紹介したグッズを駆使しても、外での熱中症リスクはわずかに軽減できる程度です。なぜなら、最大の敵は日光だから。

高気圧がガンガンに元気で雲がない空ですと、突き抜ける紫外線も威力を倍増し、日焼けも”火傷レベル”になりやすい。日焼けすると肌の保湿が悪くなるため、体温が上昇しやすく、熱中症リスクは倍増してしまいます。

だからこの時期、ど~しても日中に釣りをしたいなら、肌は絶対に出さないようにしてください。半袖短パンでずっと釣りをしていると、日焼け止め塗ろうが火傷レベルに焼けてしまい、後悔するハメになりますので、注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました