道案内が上手な人は魚釣りも上手いのは何故か

道案内が上手な人は魚釣りも上手い説

道案内が上手な人は、論理思考が身についている証拠。魚釣りも「魚が居る」と仮定してから「釣る」ための方法を順立てる必要があります。

……なんだか、道案内と同じだと思いませんか?

スポンサーリンク

あそこに居るはずの魚を釣りたいのですが……

魚釣りが上手な人は、魚が居ると仮定して、そこから釣るための方法を導くのが上手い。その方法が「メソッド」と呼ばれているもの。道案内に例えるなら、魚は目的地であり、方法が目印でしょう。

道案内は「目印をどこに設定するか」が難しい。

「そこの交差点を──」、の”そこ”ってどこ? 「5階建てのビルを──」、といわれても、隣接しているんですが……。「1km先を──」、1kmってどのくらい歩くの? などなど、伝える側は理解していても、聞く側が理解できない表現は多い。かといって、誰にでも伝わるよう変換すると、説明が細かく長くなって、覚えきれない事態も起こりうる。

わかりやすく伝えるには、要所を強調して伝えると効果的。そのためには思考を整理する力を養う必要があります。

思考整理を鍛えるにはマインドマップの作成が効果的!

「マインドマップ」とは、脳内に浮かぶ言葉を紙などに書いて、関連付けたり省いたりして思考を視覚化して”整理”する方法。

マインドマップの書き方・描き方 「6つの法則」
マインドマップをかく際には、守ってほしい「6つの法則」があります。 この6つの法則は、マインドマップの良さを最大限に発揮するために考えられたものですので、マインドマップを使う時の指針として守っていきましょう。 また、「なぜこのような法則があるのか?」を理解することで、その大切さがより深く分かり、また応用方法も考えること...

「魚を釣りたい!」と考えると、それが目標に設定されます。目標を達成するには、「何を釣りたい?」を考える必要があるし、「どんな道具が欲しい?」「どんな場所がいい?」など、次々と解決すべき問題点が浮かびあがります。

これを脳内だけで完遂する人もいれば、全くできない人もいます。頭の中でグルグル考えていると、思考があっちこっちに飛んで混乱したり曖昧になってしまい、脳が疲れて空中分解してしまうことも……。思考したことを記憶するにはエネルギーが使われます。マインドマップは発想を脳に記憶させないよう、紙などに”書き出す(アウトプット)”ことで、必要最小限の労力で思考整理ができるテクニックなのです。

思考を整理する能力を鍛えることは、ありとあらゆる”目標”を達成するにも大事な力です。「貯金1000万したい!」とか「恋人が欲しい!」とかでもね。それを目標にすると、何が欲しくて何が足りないかがわかりやすくなるでしょ?

釣りが上手な人は、道具を操る技術ももちろんですけど、目的の魚を釣るまでの過程を組み立てるのが上手い。偶然釣れた魚をもう1度釣るには、もう1回偶然を起こさないといけない。それを”考えぬいて”釣ったのなら、もう一度同じ方法を取ればいいだけ。

だから釣りに「メソッド」が残されているわけです。

思考を鍛えればフェイクニュースに踊らされにくくなる

新型コロナで「デマ」とか「誤情報」の拡散が話題になりました。それらはまとめて「フェイクニュース」と呼んでいい事例。直近だと「イソジンでうがいをすると陽性率が下がる──」と、某知事の発言がいい例かな。TV中継された直後から、全国のドラッグストアでイソジンの奪い合いがあり、高額転売も散見されましたね。

この発言を鵜呑みにしたタイプは、ニュースの見出し・タイトルだけ読んで、全てを理解した気になっています。”信じすぎている”ともいえます。

ちょっと考えれば、「まあ陽性率は下がるわな」に行き着くはず。だって唾液サンプルのPCR検査の話ですよ? 口内殺菌してからの唾液をサンプルにすれば、そりゃあ感染者でもウイルス検出はされにくいでしょ。肺炎を引き起こすのに、肺にあるウイルスをうがいでどう取り除けばいいんだって思いませんか? うがい薬を飲んで搬送される人が増えるんじゃないか、って懸念もありましたね。

TV会見を見てすぐ行動した人はドラッグストアに走り、SNSなど人づてに聞いた第二陣は夕方に動きました。それ以降は買い占めと転売の話題と、医学視点で「ありえない」との見解が多くみられるようになり、翌日は発言を訂正した事態となりました。

「イソジン騒動」で疑問や批判の声 吉村知事の残念な海外デビュー - ライブドアニュース
「うそみたいな本当の話をさせていただきたい」――。大阪府の吉村洋文知事が突然開いた記者会見で、ポビドンヨードを使ったうがい薬で「コロナの陽性者が減っていく」という驚きの研究結果を発表しました。あまりの

情報過多の時代だからこそ、自分で真贋を見極める力が重要になっています。

情報過多だからこそ、自分で論証を集めることが簡単にもなっています。

本当かどうか見極める力は、魚釣りにも通じるものがありますね。釣果情報とか、タックルインプレッションとか、本当にその方法で釣れるのか──とか。確かめるには実際やってみた方が早いわけですが、その前に考えてみることも大事です。

「考えようとすると頭がごちゃごちゃになるんだよ~(泣)」という人は、禅を学んでみたり、『エッセンシャル思考』を読んで見るのがおすすめ。忘れっぽい人は、思いついた傍からとにかく書き出すことからはじめると、脳に記憶が定着しやすくなるから、頭の整理がはかどりやすくなるはずです。

タイトルとURLをコピーしました