バスで流行っているホバストはソルトのトップウォーターにも使えるのでは?

バスのホバストはソルトのトップウォーターにも使えるのでは?

バステクニックで「ホバスト」が流行っているらしい。

バスの流行はたいていソルトにも来る。ホバストは水面下にワームを漂わせるテクニックのことで、ソルトでも同じことができるんじゃないかと思った。ベイトフィネスすこなアングラーは考えてみては?

スポンサーリンク

バステクのミドストとホバスト

バステクにはジグヘッドで中層を漂わせて誘う「ミドスト(ミッドストローリング)」があって、「ホバスト(ホバーストローリング)」はそれより上を漂わせるテクニックのこと。ワームは浮力があるので、それを特別なセッティングのフックを付けて、水面下を漂わせるのがホバストです。

ようは沈めないベイトフィネス、かな。

……うん? 水面下を通すだけなら、アジングのテクと何が違うのん?

違うのは使うワームの大きさ。バスは手の平サイズを使いますが、アジングだと指先サイズのワームになります。アジングは中層上をとろとろ巻くとか、ちゃきちゃき動かすのがメインなので、ミドストの攻め方をしていますね。

ただしアジングのワームは、ジグヘッド込で数グラムの領域。ワームだけの重量で投げることも可能なバスよりも、フィネスするためのタックル制限がキツイ。

一応アジングでフィネスが可能な物もあります。でもバスサイズのワームを扱うソルト専用モデルって……地味にないよね。ロック用は”ワームなら”同じといえるけど、沈める釣りだからロッドが硬いし……。

まてよ、もしかして、チヌトップなら使えるんじゃ?

チヌトップにぷるぷるワームを使えると楽しそう

夏のトップチヌなら、ホバストっぽい釣り方が出来るのでは?

日中はトップ、夜間はボトムがセオリーなので、チヌ用のワームで上を狙う発想自体が地味になかったりする。ザリガニみたいなワームをノーシンカーで投げれば浮くし、ジグヘッドの重量を変化させれば、それでソルトのホバストが完成しそう。

ポッパーでボコボコ派手にするよりも、ステイさせた状態が良いこともある。ゆるい波紋を出す程度のトップゲームに、ソルトのホバストはアリではなかろうか。

──なんて考えをしながら、猛暑にやられています。

ホバストって何?水中でゆっくり誘える最新リグについて紹介! – 釣りメディアGyoGyo
2019-2020年頃にかけて、メディアやバスプロの間で話題となった「ホバスト」は新しいリグとして注目されています。そこで、当記事ではホバストの特徴、釣り方、リグの作り方などについて筆者の経験を元にご紹介します。「ミドストの釣りで十分じゃないの?」と思われるかもしれませんが、ホバストにしかない魅力があるのでぜひ、チェッ...
タイトルとURLをコピーしました