アングラーが銃刀法違反にならないために気をつけるべきこと

アングラーが銃刀法違反にならないために気をつけるべきこと

アングラーが法律違反で捕まる可能性が高いのは、1に不法侵入う、2に密漁、そして銃刀法違反。魚の〆用ナイフやハサミを持っているだけでアウトになることも。

でも法律は、悪いことをしなければ牙を剥きません

違反にならないよう、正しい所持の仕方をしていればいいだけです。

スポンサーリンク

なぜアングラーが銃刀法違反になる可能性があるの?

刃渡り6cm以上の刃物や鋭利なブツを、正当な理由なく所持していると、銃刀法違反となります。

正当な理由とは──?

調理師や林業などの業務だったり、キャンプの薪割りに使う場合などが該当します。ようは”人を殺める目的がない場合”に限られるってこと。

包丁やナイフなどの刃物に関しては、刃をむき出しにしないことがルール。……だって、他人だけではなく、自分も傷つける可能性もあるでしょ?

銃刀法違反については、一度詳しく知っておくべきかと思います。

他人を傷つけないための法律であり、自分も傷つけないための戒めといえます。

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kurashi/drug/hamono/hamono.html

職質でキャンプ道具を積んでいた人に前歴がついたことが話題に

釣り人なら〆ナイフを持っているように、キャンパーなら小型ナイフなり鉈を持っていることは当然でしょう。

それを念頭に入れつつ、次のまとめを読んでください。

https://togetter.com/li/1576996

「読むのがめんどくせぇ!」という人に、簡単ながら説明すると、”職質でキャンプに使う鉈が見つかって散々だった”──てな話。

この話を聞いたツイッター民の返信が「二極化」しているのが面白い。

  1. 正当な理由で所持してないからしょうがない
  2. キャンパーが鉈とナイフを持ったらアカンのか

ツイ主が職質でアウトになってしまったのは、”正当な理由”を説明できなかったか、むき出しで保管していたせいでしょう。

ここで論点となるのは、「キャンプの行き帰りなのか、それとも関係ない日なのか」です。

キャンプの行き帰りなら、そこで使ったと説明すればいい。関係ない時に所持していた(積みっぱなし)であれば、正当な理由がないのでアウトになります。毎日キャンプしているならともかくね。

法律で論戦になった時に重要なのは”証拠”

刃物を持つ正当な理由をどう説明するか──。

”キャンプで使う”と説明するなら、これから行くことを証明しないといけません。証拠となるのは、宿泊するキャンプ場の予約があることを認めさせればいいことになります。

ネット予約だとメールなり明細が残るはず。こういう時のためにも、終わるまで保存しておきましょう。

しかし、魚釣りに行った証拠を提示しろっていわれると、困りますよね。

この場合は、写真なり動画を撮っておくのがベター。データにタイムスタンプ(日時)あると最強。今はスマホカメラで撮影したデジタルデータも証拠になります。

こういう時に揉めやすいのが、「行った・行ってない」と言葉でしか説明できない場合。なぜなら、人の心・言葉は第三者に証明できないからです。

ちなみに、違反内容に納得がいかないのであれば、「不服申し立て」の道もあります。

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/police/reiki/34490910005400000000/34490910005400000000/34490910005400000000_j.html

不服申し立ては”権利”だから、するもしないも自由です。でも”する場合”は、処罰内容を覆す証拠なり論証が必要になります。

アングラーが刃物を持つ理由を正当化する方法とは?

魚釣りで刃物を持っている場合、必ずしも現地で魚を捌く必要性がないため、むき身所持など管理不十分なら、銃刀法違反になりやすいといえます。

タックルケースにナイフを常備しているとか、車内に道具をひとまとめに置きっぱなしの場合は注意しましょう。

アングラーがナイフを持つ理由は、魚を締める目的と、ラインなど切りたいものをどうにかする場合がほとんどでしょう。

もしも職質で食い下がられたら……。

「ちょっと一緒に釣り場まで来てください。魚の下処理がいかに重要かを味で教えてあげますよ」と、釣りポイントまで誘導するのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

【結論】毎日アウトドアをしないなら道具の積みっぱなしはやめよう

アウトドアに使う物は凶器となりうる物が多い。

週イチとか頻繁に通う人は、道具を車に積みっぱなしにしていることも多いでしょう。……でも、余計な火種にしないためにも、帰ったら道具整理(メンテナンス)のために降ろしましょうね。

ちなみに、普段から±ドライバーなど工具を持っている場合も注意が必要です。いちおう鋭利ですしね。

なんにせよ、持っている物の理由を説明する「伝える能力」がとても重要です。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生