ミニミニKAMADO|ぼっちには丁度いいミニカマド

ミニミニKAMADO|ぼっちには丁度いいミニカマド

LOGOSの「ミニミニKAMADO」は、手の平サイズの小型アウトドアコンロ。ステンレスのミニ七輪といっていい。

これをひと目見て、確信したね……。ぼっちにこそふさわしい品だと!

スポンサーリンク

ミニミニKAMADOが使えそうなシーン

ミニミニKAMADOは、名前の通り小ささが売り。なんと9cm以下まで小さくなります。

ミニミニKAMADO(ミニラウンドストーブ対応) | LOGOS:ロゴス(SP)

”手の平サイズらしい”収納サイズ9cm以下! ステンレス製で230g! 最近のスマホより小さい! なんならポケットで持ち運べるサイズですね。──使った後は困るだろうけど。炭を使える”お一人様コンロ”としては最強かも。

これの使いみちを考えていたら、まぁ想像が捗っちゃうわけですよ。

  • 釣り場でぼっちBBQをしたい時
  • キャンプで後片付けを最小限にしたい朝食時に
  • キッチンでアウトドア気分を味わいたい時に
  • 冬のアウトドアで小型ストーブとして

ソロアウトドアに使うコンロとして最適サイズ。ソロキャンパーはこれを使った料理動画を作るなり発信すれば、共感を得ることは間違いないでしょう。ミニミニKAMADOでホットサンド動画は来ちゃうね。

小型コンロはガス式が主流でした。炭火ならではの違いや楽しみを見い出せば、バズること間違いない。私はこれでウナギの蒲焼きを焼いてみたい。

整形炭で簡単にお一人様コンロができる!

ミニミニKAMDOには、別売りの整形炭(固形燃料)がスッポリ入ります。名前は「エコココロゴス ミニラウンドストーブ」。燃焼時間は1時間ほど。

着火剤がいらないし、カマドにすっぽり入るからストーブ代わりに使いやすい。釣り後に仲間とちょっとダベりたい時、秒で着火する炭で温まりつつ、飲み物を作るなりカップ麺を楽しむのもアリですね。

燃焼ゴミの処理が少し悩みどころ。

コンロ自体は小型だけど、炭とかゴミを処理するための小道具を用意するほうが、荷物としては大きくなりますね。整形炭なら燃え尽きた所を水でジュッすればいいけど、木枝を使うと灰が増えるし、燃焼物の処分のために、小さい鉄バケツは用意しておきたい。

タイトルとURLをコピーしました