沼津駅から千本浜まで歩いてみた

テレワーク装備で、沼津駅から千本浜まで歩くヤツは、そうそう居ないと思う。そんなバカがここにいます。

爽やかな潮風に吹かれながら、電気製品を腐食させていこうぜ!

スポンサーリンク

駅から徒歩30分以内でショアジギ可能は強みでは?

そもそもなぜ沼津駅から千本浜まで歩くのか?

……千本浜まで行く理由はないんだけど、近くの沼津港で友人と待ち合わせをしているため、時間つぶしも兼ねて観光をしよう! ──という体裁。

さて、バスでも行けますが、徒歩だとしんどくない?

沼津駅(南口)から千本松原まで歩きたい
沼津駅(南口)から千本松原まで歩きたい

ふんふん……。徒歩30分程度なら2kmそこそこか……。

普段のランニングコースは4kmくらい。バッグにPCを入れていたりするけど、徒歩でもぜんぜん余裕な距離でしょ。おまけにほぼ一本道だし、きっとバスを待つより早くね?を(後で抜かれました)。

そんなわけで、沼津駅に降り立ちました。

沼津駅南口を遠巻きに
快晴すぎて肌がチリチリしてる

千本松原までのルートは、商店街のガード下が半分近く続くので、超快晴だったり雨の日でも嬉しい。まずは仲見世商店街を通り、『ラブライブ!サンシャイン!!』に出迎えてもらおう。

沼津駅の仲見世商店街の入り口には、サンシャインメンバーの巨大タペストリーがある

仲見世商店街はどことなく大須商店街の雰囲気がある

以前よりもタペストリーたちが随分疲れている……。

放送からはもう3年が経過しているし、沼津市街は作品の「核」でもないから、西浦と比べれば「いい意味で一体化」している印象。

静岡県内の商店街としては頑張っているほう

沼津の中心部は道路が広くて綺麗だなぁと。

おそらく沼津港から駅まで輸送する関係から、一本通りを優先に道が整備され、その脇に人の営みが増えていったのだろう。

歩道も広く軒先があるし、雨の日でも駅前を歩くには何の問題もない。浜松は見習って?

余談ですが、このために『ラブライブ!サンシャイン!!』を全話見てきました。知らずに来ると刺されるとかないよね?

日差しがあたるようになってきたら結構つらみ

沼津駅から千本浜まで、およそ半分の距離を歩いたところ。

「ダイヤコーヒー」でいっときの休息ですわを堪能するつもりが、店休中だったのでスルー。……したら、景観で賞をもらったらしい、格式爆上がりな日本家屋が登場する。

乗運寺というらしい。インスタに「#japan」で投稿すれば、外国からlike待ったなしの日本庭園が広がっている。門をくぐるのは日和りました。

そこを抜ければ、千本松原はもうすぐそこ。

なんかいい感じに光彩が入る

千本松原にある謎の「本」とは何か?

千本浜は海岸のことで、隣接する松林は「千本松原」と呼ばれています。すべてを徒歩で見ると、三保松原よりしんどいので、今日はごく一部を見学。

ナビはGoogleMAPを頼りにしていたけど……何やら気になる表記があるんだけど……。

マップの千本松原になぞの「本」という目標が
「本」ってなんだよ

──少し前に、森の中にポストがあって、なぜか『ツヨシしっかりしなさい』が全巻揃ってるとか、話題になっていましたね。

https://news.livedoor.com/article/detail/18891992/

もしかしたらそれと同じように、松原のど真ん中に、関連性の高い”本”が鎮座しているのでは? ……さすが文人に愛された松原。想像が膨らみますねぇ。

大分近づいたけど、ポストとか本が居そうな何かは見当たらない。一体何が待ち受けているんだ……。

ん? ここか?

何もないぞ……。

「本」の正体は切り株でした。

千本浜に到着。およそ30分!

千本浜から伊豆半島をみる
千本浜だぞー

千本浜に到着! 浜風が気持ちいいですね。

でも海岸にはゴミが目立ちます。7月終わりは豪雨で、直近では台風の影響で波が高かったし、漂着物が目立つね。

……あのブイはいいのだろうか。

千本浜にあったブイ

2020年は何度か東に来ているけど、ようやく富士山を拝むことができました!

千本浜から見る富士山。あいにくの天気で天辺だけ
てっぺんだけだけど!

さて──、ここからは海沿いの道を歩いて、沼津港まで行きますよ。そこで伊豆帰りの友人と合流して拾ってもらいます。

実際に歩いてみて、ショアジギタックルを抱えて沼津駅で降りても、釣りに行けないことないなと(タクシーかバス使えよって話ですが)

まあ……、「東田子の浦」「原」からのほうが海岸までは近いけどね……。

雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生