Sephia Clinch FLASHBOOST|全自動ぴかぴかアピール+ケイムラのよくばりエギ

ステイ状態でも反射板が光る「フラッシュブースト」を搭載したエギが登場!

……エギ?

スポンサーリンク

エギにとうとうフラッシュブーストが搭載される

いやまさか、エギに搭載するとは予想すらしなかった。

Sephia Clinch FLASHBOOST(セフィアクリンチ フラッシュブースト)』は、全自動フラッシングアピールが売りのフラッシュブースト機構を搭載したエギ。従来のクリンチシリーズに追加された新モデルです。

実際どう光るかは、シマノのHPにある紹介ページで見ることができます。

セフィアクリンチ フラッシュブースト|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

エギはシーバスルアーのように、フォールでぶるぶる~と震えて、周りにフラッシングするわけじゃない。それは形状とカラーリングの難点といえる。

「いちいち光らせる意味がわからない」──と感じる人もいるでしょう。

海の生物はその全てといえるほど、光に敏感(反応)な習性があります。アオリイカは目が良いといわれており、従来のエギはその視覚に頼ったカラーリング重視。そこに”光の乱反射”も要素に加われば、よりエギを見つけてくれる可能性は高まると思いません?

【代償】エギにしては高価になった

最近、”漁師が海中にあるエギを拾っていたら1万本以上になった”投稿がバズっていました。

エギングは根がかりしやすい釣り。そしてエギ自体が安い。100・500のワンコインも珍しくなく、ロストした時の金銭ダメージが低いから、「根がかりしたら切ったほうが早い」と考える勢が多いせいではないだろうか。

高価であるほど大切に使うのは、心理でありどの製品でも同じこと。

セフィアクリンチは、エギにしてはもともと高い部類。フラッシュブースト搭載で1200円前後だから、かなり抑えたほうじゃないかな。これより上げると、まず買わないラインではないだろうか。

でもエギ自体の値段が上がれば、根がかりロストを恐れるようになるし、水中放置の抑制にはなると思います。

タイトルとURLをコピーしました