釣具のレンタル業はなぜ流行らないのか

釣具のレンタル業はなぜ流行らないのか

シェアリングエコノミーが流行り、自分の物を貸し出すだけで副業になる時代。

でも釣具のレンタルサービスって、管理釣り場以外で全然聞きませんよね。──なぜだろう?

スポンサーリンク

釣具のレンタルサービスは何故流行らないのか

釣具のレンタルが流行らないのはなぜだろう?

釣具店でレンタルサービスをしている所もあるけれど、いつのまにか無くなっていることが多い……。もしかして、ビジネスモデルとして成り立ちにくいのではないだろうか。

レンタル業で前提にしないといけないのは、みんながみんな綺麗に使ってくれるとは限らないこと。

釣り人のマナーの悪さで閉鎖されるポイントも多いことから、想定される利用者に、他人の物を大切に扱う心が失われていたのではないかと考えます。

釣り場を大切にできない人が、釣具を大事にするのは、なんだか矛盾してない?

管理釣り場のレンタルはなぜ継続できるのか

管理釣り場は釣具のレンタルサービスが定着していますね。

そうなったのは、利用者の層が意識高めだからじゃないかなと感じます。

マナーが悪い釣り場は決まって無料が多い。海辺はだいたい無料が前提だから、ヤバイ客層が場をかき乱すことはよく耳にします。

有料の場所って、マナーが良いというか、良識がある人がわりと集まる傾向があります。お金を払う以上、”よっぽど好き”がないと、わざわざ有料の釣り場を選ぶことはないでしょ?

どんな場所でも、無料より有料のほうが、落ち着いた人が集まりやすいですね。

例えば安めの居酒屋は、毎晩ウェイ系が集まりますけど、高めの個室居酒屋は、ゆったりした空間で酒を楽しむことができます。

魚釣りにも、同じことが起きているのは間違いないですね。

落ち着いて魚釣りをしたいなら有料を選ぶといい!

今までの経験上、有料の釣り場であるほど、マナーで困った記憶は少ないですね。これは海も淡水でも変わりません。

海釣りにそういう場所は少ないけど、駐車場が有料とか、入場料が必要な海釣り公園などは、わりと落ち着いた環境で魚釣りを楽しめます。

淡水なら入川料が必要な場所より、管釣りのほうがマナーが良い気がします。河川は”バレなければいい勢”が少なからずいますからね。

陸の釣りが人多すぎで疲弊する方は、沖へ出てみたり、管釣りを選んでみるなど、人混みから離れて釣りができる環境も試してみては?

管理釣り場ドットコム
イベント情報4/11 エリアトーナメント2021 トラウトポンドNOIKE (栃木)4/18 エリアトーナメント2021 King of Spoonist アングラーズベース赤城山(群馬)5/9 エリアトーナメント2021 釣りキチけん太(