魚配りおじさんは魚を食べない

魚配りおじさんは魚を食べない

「魚配りおじさん」は日本のどこにでも存在する。

大量の魚を仕入れては、近所に配る謎めいた生態をしている。おじさんの正体は、漁師だったり、釣り好きだったりするけど、なぜか”魚を食べない”人が多い気がする。

スポンサーリンク

魚配りおじさんとは?

「魚配りおじさん」とは、近所に魚を配るおじさんである!

魚の出どころは漁とか釣りの余りが多く、自分の家で処理しきれないから、近所におすそ分けをして周る”いい人”なのである!

……基本的には。

ただまあ近年、ちょっと変化がありまして……。私の近所の魚配りおじさんが高齢化しているせいか、配られてくることがなくなりました。この流れは全国でも同じなのでは?

そしてもうひとつ、奇妙な生態として「魚を食べない(苦手)」があります。

…………? 一体どういうことだってばよ?

世の中には「釣りは好きだけど捌けないし魚がキライ」なんて人もいる

魚釣り大好きおじさんは、魚配りおじさんにランクアップすることがあります。

大抵の釣り人は、「魚を釣るのも食べるのも好き!」とニッコニコでいう子に育つ。でも魚配りおじさんはそれとちょっとズレてます。それは──

釣ることは好きだけど食べるのは苦手」に成長すること。

大半が「何いってんだろコイツ」と思うでしょう。でも現実に居るから、事実は小説よりも面白いのです……。

食べるのが苦手な釣り人ほど何故キープしたがるのだろう?

魚を食べるのが苦手な人は、魚を食べ過ぎた結果、そうなるパターンが多い。特に、魚を釣れるだけ釣るタイプはそう成長しやすいですね。

なぜそう育つのかは──例えば、サビキで釣れるだけ釣ると、群れ次第では簡単に100匹以上は釣れるでしょ? その100匹のうち、同じ魚って何割を占めると思います? ……某堤防モデルでいうなら、日中だとサバイワシアジが「5:3:2」くらいの割合になることも。

子供も大人も、毎日毎日同じメニューを食べさせられれば飽きます。「もうサバキライ!」ってなるはず。……だけど、釣りは止められないんですよね。それは「快感(快楽)」があるから。

釣果写真で何匹も並べられた構図を目にすることがあると思う。

過去はコレが一般的だったけど、SNSで同じことをやると、何割かで炎上します。「そんなに釣ってどうすんの?」とか、「乱獲ですか?」とか、「小さいのばかり(笑)」とかね。

誰もが”魚が減っている”と実感しているからこそ、大量の魚を並べる行為に嫌悪感を抱くほうが多くなっているわけです。おそらくメールすら無い時代でも、そういう声はあったろうけどね(届かないだけで)。

配られた側のことも考えてください……

魚を貰えば、とりあえず礼をいうしかない……。

大半の”頂いてしまった側”の本音を代弁するなら、「捌いていない魚を貰っても、ゴミが増えるし臭いがアレだしで迷惑!」と、感じている人も少なくないはず。丁寧に下処理をして配るおじさんは、概念だけの存在と思うほうがいい。

魚を釣るのは好きだけど、捌くのと料理はパートナーなり家族任せの人はいるでしょう。

いくら笑顔全開で「いーよー」といっても、内心で呪いをかけている人もいます。その”毒”を抜くためにも、外食に連れていくとかサービスをして労ってあげてほしい。一方的ではなく、”対等”を心がければ、きっとうまくいく。

スポンサーリンク

嫌われない魚配りおじさんになるためには

魚を配り続けるのは、”一度感謝をしてもらったから(受け入れられたから)”との思いからの行動。

互いに物を融通しあえる関係は、都会のマンションよりも郊外の住宅街のほうが活発。

住民を誰も知らないサバサバな関係とは違って、自治会など地域ぐるみで関係を持つほうが後腐れがない郊外において、近所の好意を無下にするのは死を意味することもある。無視とかハブられる陰湿なイジメは世界中のどこでもあるが、「悪意のない善意」は非常に恐ろしい。

受け入れれば今後も来るだろう。拒否すれば……もしかしてハブられるかもしれない。もしかしたら食中毒の可能性だってある。そんな爆弾を抱え、笑顔で魚を配りにくる。

……悪魔めッ!

もし魚を配るのであれば、捌いた状態で配ると安定して喜ばれる。それなら店売りと同じだしね。今まで捌いたことがないのなら、やってみるのがいい。新しい挑戦は脳を活性化させ、鬱抑制にも繋がりますよ。

最終的にはリリースするか、釣魚の買取サービスを利用する手もあります。

釣った魚を気軽に出品!全国の鮮魚をオークションで売買「Fish Sale(フィッシュセール)」4月1日(月)サービススタート!
Fresh Speed株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:長辻 博史)は、個人が釣った魚を一匹から気軽に出品、オークション形式で売買できるサービス、「F…

買取サービスを利用すれば、全国に魚を配れるのと同義。新鮮な魚を届けることで、人々に新たな価値を提供する存在になれるかも?

──だからといって、常に釣りすぎはどうかと思うよ?

タイトルとURLをコピーしました