釣りに必要な学問ってあるの?

釣りに必要な学問ってあるの?

学生の誰もが「これって将来の役に立つの?」と、勉強中につぶやくと思う。自分もそのひとり。

でも時が過ぎてようやく──「義務教育ありがとぉぉ!」と実感すると思う。あなたがイヤイヤながら学んだ学問は、魚釣りにも通用しています。

スポンサーリンク

魚釣りに必要な学問って何?

魚釣りは理系向きだと思っている。なぜなら、色々と数字で説明できるから。

例えば『棚(レンジ)』を導く時、実際潜って魚を視認し、メジャーで深さを物理で測ることも出来る。……でも潜ったら、危ないじゃん!

こういう時に「1秒間で○cm/s沈む」みたいな計算が出来れば、水に入る必要がなくなりますよね。これは『Aくんは新幹線でBくんは自動車で移動。目的地αにはそれぞれ何分後に到着するか』みたいな問題を流用できます。

魚釣りは、魚が見つける位置にエサを置くことが重要。

その位置は算数レベルで十分導き出せるけど……、誰かに説明する時は語学力が必要になります

よく「数学は将来のためにならない」っていうけど、正しくは「数学だけ出来てもためにならない」が真実ではないでしょうか。

文系と理系に壁を作るな

人はカテゴリー分けが好きです。学問でいえば「文系」か「理系」かのこと。

多くはどちらか一方を得意とする傾向があります。中学くらいでどちらかの適正を見出して、得意をグングン伸ばして大学まで──てな感じ。文系と理系をなぜ分けるかっていうと、同時にやれるほど学校で時間がないわけです。

もちろん人それぞれに”適正”があり、合致すると学者などエキスパートな位置まで行けますが、大半は「自分が本当に得意なこと」に出会えず、成長期を逃すことが多いんじゃなかなぁと思います。

学校で学ぶことは、特にテストや成績だけでいうと、文理どちらかの適正を見極めることができるし、あなたの得意を見つける手法になります

だからといって担任がクラス全員の才能を見抜けるわけじゃないし、多くは気づかず才能が埋もれるか、それとも自分で気付いて伸ばすか──どちらかで将来が決まることが多いでしょう。

魚釣りは理系が確かに有利だが、複合した学びがあってこそ一流

魚釣りをやるだけなら、文系理系に差は出ません。極めたいとなれば話が変わる

「釣れた」「釣れない」を分析する際、なぜ釣れたのか、どのようにして釣れたのか、──などをデータ化もしくは言語化しないと、反復学習ができないし、再現ができない。そのためには魚釣りの過程を分析する必要があります。

別に自分だけに伝わる言葉でもいいんです。「あそこに投げて、このくらいで巻いたら、ドーン! だったよ」でも、分かる人には伝わります。

でもそれは、全く同じ状況じゃないと再現できません。

なぜそこに魚が居るのか。なぜそのタイミングで魚が食ってきたのか。──これを理由付けて説明できる人ほど、一流への近道だといえます。

メソッドを鍛えるのは語彙力

最近「語彙力」が持て囃されているのは、伝える言葉を相手に合わせる能力を鍛えるため。

小学生に意識高めでろくろを回しながら横文字連発で話しても、一方的な”投げかけ”で終わってしまいます。相手に合わせた言葉、ようは「解りやすい言葉」を任意で選択できるのが語彙力、というわけ。

魚釣りを教える場合でも、実際にやって見せるのと、言葉だけで伝えるのでは、勝手が違うでしょう。

自分だけが見るデータなら、自分だけ読める言葉でもいいわけですが、広く教えたい場合には、万人が読むことができて納得できる言語力が必要になります。

理系は魚釣りに有利といいましたが、文理がそつなく標準レベルであればこそ、一流への近道ですし、伸びしろが大きくなるはずです。どちらも出来てこそ「思考(考える力)」を鍛えることができます。

スポンサーリンク

魚を釣るための思考力を鍛えるにはどうしたらいいのか?

思考力を専門に鍛える学問は、実のところ存在しません。

近いのは「哲学」ですが、義務教育では必修項目じゃないし、むしろ中二的な病を発症しちゃった人が学ぶ印象が強いかもしれません。

──哲学の本質は「ある難問を自分で解決し、他人に伝える能力」に集約されます。

例えばこんな問題があるとすれば、あなたはどう考えますか?

問「すぐそこに見える魚を釣ることは簡単だろうか?」

人によって幾つか答えが分かれるはず。

  1. 「見える魚は釣れない」を信じてあきらめる
  2. 気配を察知されないようにすればいけるのでは
  3. 見えるなら掬えばいいじゃない
  4. 見えるから釣れないなら見えなくなってから釣ればいい
  5. 銛で刺し穿つ

気づいて欲しいのは、無理難題でも”なんとかしようとする方法”は結構浮かびやすいこと。「何故釣れなかったのか?」の問いに対しては、「何かが足りなかった」が答えになる。

もしかしたらあの場所には魚が居ないかもしれない。だから次は場所を変えてみよう。

もしかしたらルアーやエサが悪いかもしれない。だから次は別のを試してみよう。

もしかしたら時間が悪いのかもしれない。だから次は魚が腹ペコな時間を狙ってみよう。

──「失敗は成功のもと」は、今の方法でダメなら別の方法は成功するかも? という前向きな思考があってこそ。そして、成功するかもしれない方法を考えるのが、思考力の真価だと思う。

終わりに──失敗を分析することで成功に繋がる

今の世は「成功ありき」で失敗が認められないような感じ。

発明には多くのトライ&エラーがつきものだし、それは商品開発のビジネスでも同じこと。失敗したのなら、同じことを繰り返さなければいいだけ。それと違うことをするだけで成功につながっていく……。そう考えれば救われませんか?

世には『失敗学』というジャンルもあります。

名の通り、事故や失敗が起きた原因を解明し、次の発生を未然に防ぐための学問です。自分の失敗は精神的にもキツイですが、他人の失敗を知り、それを改善した道のりを知ることで、もしあなたが同じような状況に陥った時、助けとなるでしょう。

『失敗の科学』という本はおすすめです。「失敗なんて屁でもないぜ!」とはならないだろうけど、困難にぶち当たった時、まず何を考えるべきか、何をするべきかを体系的に学ぶことにはおすすめ。

魚釣りもトライ&エラーの繰り返し。釣れない日に「なぜか」を考えれば、全く同じ状況を回避すればいいだけの話。釣れた日と同じ状況でも釣れなければ、「なぜか」と考えてアプローチを変えてみればいい。

それは意外と、ルアーを変えるだけ、投げる距離・位置を変えるだけ、で解決することもありますしね。

ライフハック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました