10日先に釣行予定の天気予報はどのサービスに頼るべきか

10日先に釣行予定の天気予報はどのサービスに頼るべきか

10日以上先に出かける予定を立てると、雨は基本で稀に荒天がぶち当たる私が、なるべく”最悪”を回避するために駆使する「先読み天気予報のテク」を紹介。

ぶっちゃけ、ウェザーニュースの有料会員になるのが確実です。

スポンサーリンク

週間天気より先の情報を知るためには?

先に注意点をば──。

10日以上先の天気予報は参考数値みたいなもの。3日先なら80%以上で当たるけど、10日前で当たる確率は30%あればいいほう。

例えば1ヶ月先に釣行予定を入れた場合、その日の天気を”今知る方法”はないです。

10日前からは詳細がわかり、3日前で確定する感じ。……10日後にもし台風がぶち当たるようなら、予定をズラすことは可能だから、十分な情報といえますよね。

tenki.jpの10日間予報とwindyのあわせ技

tenki.jpの10日間予報は信頼度高め。

3時間毎の詳細も見れるし、信頼度がパーセント表記されています。さすがにゲリラ的な天気まではわかりません。それと合わせてwindyの風予報を見ると、どんな低気圧が来て影響を及ぼすのかがわかりやすい。

tenki.jpの10日間予報は詳細も見れる

https://tenki.jp/

例えば2/24の天気は、北西10m/sの風が吹く予報になっています。これをwindyで見るとこんな感じ。

windyの風予測は強さが可視化できてわかりやすい

https://www.windy.com/?35.154,138.673,5

windyは10日ほど先まで1時間毎の予報が見れます。風や雨だけでなく、PM2.5やジェット気流の傾向も見れるから便利。

こうして風の強い部分を可視化できると、釣行先にいつどんな風が吹くのかがわかりやすいし、風裏がどこになるかも判断しやすいですよね。

ピンポイントで知りたいならウェザーニュース

ウェザーニュースの強みは、全国市町村のピンポイントな天気予報を知れること。民間企業で運営しているため、信頼を得るために、地域よりも個人に密着した予報を見ることができます。

住所を入力すれば町単位で予報が見れるのでおすすめ。

ウェザーニュースは市町村単位で天気を知りたいときにおすすめ

https://weathernews.jp/

有料会員になると、より先の予報を見ることができるし、ゲリラ豪雨の通知など、さまざまな個人向けサービスを得ることができます。

スマホアプリならGPS連動で、リアルタイムの現地予報を反映できるから、出かけた先先で天気を知りたい時は最適。

スポンサーリンク

【まとめ】未来を決めるなら色々な意見を取り入れること

週間予報より先を知りたいなら、いくつかのサービスを駆使するべき。

10日以上先なら「tenki.jp」と「windy」のあわせ技がおすすめ。

3日以内の直近は大差ないですが、あえて挙げるなら、雷雨表記もある「Yahoo天気」がおすすめ。町単位などスポットで知りたいなら「ウェザーニュース」一択。

早めに天気予報を知るメリットは、宿泊ならキャンセル料がまだ軽症で済むこと。そして、別の提案をする余裕が生まれることです。

海が荒れてダメなら、山のほうに行くとか、いっそのこと範囲外まで移動する──みたいな選択も生まれるでしょ?