おかずがなければ魚を釣りにいけばいいんだよ!(強制)

「釣るのは好きでも食べない」人は多い。

「食べたいから釣る」人は、私も含め多いことでしょう。

 

私と同じ思考で釣りをする人にオススメしたいのが、「おかずがなければ魚を釣ればいいじゃない」という本です。

スポンサーリンク

コアなアウトドアジャンルのマンガが増えていますね

最近は”コアな趣味”を主題とした本が増えている。

狩猟の道へ誘う「山賊ダイアリー」。JKが罠でしとめる「罠ガール」。ていぼう部だと? 俺はすなはま部だ!「放課後ていぼう日誌」。大ヒットでにわかキャンパー増量「ゆるキャン△」──などなど。

コンクリートジャングルでは触れにくいアウトドアを、マンガとして親しみやすく、ハードルを下げた教本として多く発刊されています。

 

料理小説・マンガが猛威を奮っていますが、アウトドアも負けていない!

今回紹介する本は、釣り人なら経験したであろう、または経験しないと書けない『あるあるネタ』が豊富。

おかずがなければ魚を釣ればいいじゃない(正論)

「おかずがなければ──」を読むと、釣りをはじめた頃を思い出します。

 

魚を釣っておいしく食べるエッセイ「おかずがなければ魚を釣ればいいじゃない」
森越ハム「おかずがなければ魚を釣ればいいじゃない」が、本日5月18日にイースト・プレスより刊行された。超本当にあった(生)ここだけの話(芳文社)に連載された「ハロー!ゆる釣りちゃん」を改題し、描き下ろしの収録と加筆修正を...

 

この本は魚を釣ることよりも、魚をどう食べれば美味しいかを伝えてくれる。

 

あるあるネタを交えつつ、「新鮮な魚を誰よりも食べる機会がある人」として、食を通した釣りへの導線として十分な内容。

これを読んで「釣りがしたい」と思う人は、少ないかもしれない。

けれど、「そんなに美味しいのなら釣ってみたい」という人は多いでしょう。

釣りをしたことがある人なら、なおさら楽しめるエッセイマンガです。

タイトルとURLをコピーしました