ルアーフィッシングに向いているプライヤーとは?

ルアーフィッシングに使うプライヤーは、エサ釣りとちょっと違う役割がある。

今までを思い返すと、魚よりも、道具に対して使う機会が多いような……。

 

プライヤーは金属製品なので、錆との格闘。錆びにくい製品も増えて、安価も増えてきました。

ここらでひとつ、コスパに優れた使いやすいモノを選んでみました。

スポンサーリンク

錆びないプライヤーは存在しない

一応「錆びない鉄」はこの世に存在します。

なんで錆びないのかわからない「デリーの鉄柱」に、「高純度の鉄」が該当。世界遺産を溶かすのは無理ですが、高純度の鉄ならまだ可能性はあります。

もしそれをプライヤーに使う場合、それ1つで車が買える値段になりますね。

 

錆びにくい金属である「ステンレス鋼」は、比較的安価で耐食性に優れるので、多くの工業品に使われています。

でも錆にくいだけで、錆びないわけじゃあない。特に塩は天敵。

塩は保護皮膜を簡単に突き破るため、海釣りで金属製品を扱うには、その被膜を維持するメンテナンスが必要です。

 

……ぶっちゃけ、水で洗えばいいだけなんですけど(真理)。

スポンサーリンク

スプリットリング交換は短いほうが向いている

ルアーフィッシングでプライヤーを使うのは、スプリットリングを開けるためが多い。

私はスミスのプライヤーを使っています。

ポケットに入れることを考え、取り出しやすさを優先して、長い物を選びました。

──これがまあ、小さいリングだと先が入らない。

柄が長く持ちやすいため、針を外すのはやりやすいし、力を入れる作業には向いている。

ソルトルアーはリングが大きめなので問題ないですが、フレッシュの小ささだと、どうしてもストレスがたまってしまいます。

スプリットリングの交換に向いているプライヤーとは

グリップ部は手に収まるくらいで、そこから先は5cmあれば十分。

とすると、だいたい「15cm以上20cm未満」のサイズですかね。このくらいだと、小さい物から大きな物まで、万遍なく扱えるサイズになる。

最近はアルミニウム製も安くなりました。でも錆びにくいだけでステンレスと同じです。

「軽量化」は確かですけどね。

「耐食・防腐」とか、どこまで信じていいのん?

A.あまり信じないほうがいいです

 

様々な防腐処理を施しても、保護皮膜が傷つけば酸化は進みます。塩水に対して鋼は無力です

先にもいったように、とにかく洗うこと! 釣行後は必ず水洗いしましょう。

安物は錆びやすいですが、高価でもメンテを怠れば錆びます。

 

釣りにおいて、プライヤーなど金属製品を長く使える人は、物を大事にする意識が高いです。

リールも金属製品ですし、それより精密なので、メンテナンスはしっかりやりましょう。

KUREの5-56とシリコンスプレーは釣具メンテナンスの神器
KUREの「5-56」と「シリコンスプレー」は、どちらもメカメカしい製品のメンテには欠かせない物。これは釣具にも使えますが、用途を間違えると塗装が剥げたりする恐れも……。この記事では、KURE製品を釣具に使う注意点と、釣具メンテナンスに活...

プライヤーのメンテはシリコンスプレーがおすすめ!

インプレ釣具全般
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました