「千と千尋の神隠し」を久しぶりに見たらゴミ問題が想起された件

国内上映された映画史で”不動の歴代1位”、スタジオジブリの『千と千尋の神隠し』。公開数日後に映画館で見た記憶があります。

君の名は。』が”ジブリの城”に爪をたて、それでも最上階に届きそうもない映画って、そんな凄かったっけ?

そう思い、見てみたところ……釣具、ゴミ問題、うっ…頭が……。

スポンサーリンク

今見ると感想が変わるかも?(好奇心)

映画館と地上波含めて3回見ているかどうか──。

今でも鮮明に覚えているシーンがある。

 

リン「セーン!お前のことどんくさいっていったけど、取り消すぞー!」

 

リンの言葉に片手だけで答えるシーン。劇場ではここで泣いた。

銭婆の元へ向かう際、カオナシと電車に乗っているシーンのほうがメインビジュアルに使われたこともあり、認知度は高いと思う。

旅立ちの希望か。終わるかもしれない切なさか。

 

スクリーンだと陽炎のように揺らいでいた憶えがあるけれど、ブルーレイだと全然そんなこともなかった(ブレはあるが)。

上映のデジタル移行が2000年から始まり、本格化したのが2006年頃らしいから、この頃は映写機で、余計に揺らいで見えただけなのかもしれない。

時を経て『千と千尋の神隠し』を見て、わかったことがある。

15年も前のこの作品は、現代においても「魅せる映像」で勝てるアニメ映画を見つけるほうが難しいことだった。

 

背景の美しさでは断然向こうだけど、動画の楽しさは、到底こっちには勝てない。

一部の隙もないアニメーションに、ただただ圧倒された。

 

ゲオ宅配レンタル

スポンサーリンク

河の神様が纏っていた人間のゴミに含まれていた物

 

俺もビックリだよ!

 

大量のゴミのトリに釣りの仕掛けが現れて、千が「きゅぽんっ」と引き抜いた最後の最後で、疑似餌が出てきた。思わず苦笑い。

テーマとして”環境問題”が取り上げられた創作でもないので、たまたまの偶然です。

ですが、宮﨑駿監督として『千と千尋の神隠し(2001年)』の前作、『もののけ姫(1997年)』が上映された頃……。

世界が環境を保護へと考えを変える転換点となっています。

スポンサーリンク

世界が自らの過ちを認めた日

例えば地球温暖化を食い止める『気候変動に関する国際連合枠組条約』の発効は1994年3月21日

温暖化に工場などが排出するCO2が関係していること。

それを抑制するため、世界で決まりごとを決めたのが、たった22年前のことだったんですね。

現在は当たり前のようになっている『リサイクル法』も、分類は多岐に渡りますが、国内制定は1997年からです。

 

国内の環境問題に関しての法律は、公害が露見したことにより制定されたケースが大半を占める。

四大公害病』と呼ばれる日本史に残る公害は、経済成長期の60~80年代に発生している。

その頃は世界も必死に工業化を推進しており、今よりも汚い地球が存在していた過去があります。

この時の地球は、本当に青かったのだろうか。

汚した物を綺麗にするのには労力がいるし面倒くさい

テーブルの上を汚すのは簡単じゃないですか。

でもそれを片付けるのって、「これはどこに置こう」「捨てていいのだろうか」なんて考えて、散らかす時よりずっと時間がかかると思います。

 

20年ほどの努力が実を結び、ぽっかり空いたオゾン層も、いずれ塞がる兆しが発表されたのが、実は今年の7月だった。

我々の住む星も、少しは認めてくれたことなのでしょう。

 

雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました