【Mキャロ】キャロライナリグで狙う港内タチウオのワーミング

「陸からタチウオを釣りたい。ただしルアーで!」

……大抵のルアーメンは、ワインドとジギングが真っ先に浮かぶだろう。

 

それでぽこぽこ釣れやすいのは、群れが入りやすいハイシーズンくらい。

以外の時期でも結果を出しているのが「キャロライナリグ」のワーミング。

TICTのMキャロを使用した「サーベルキャロ釣法」が、にわかに流行するかもしれない。

スポンサーリンク

キャロライナリグを使うことのメリット

ジグヘッドやメタルジグなど、固定重心のシンカーでリグの先を重くすると、上下にキビキビと動かしやすい。

これはゆっくり巻いても同じで、ようは水平に動かすことが難しい。

キャロライナリグは、これとは対称の性質を持ち合わせている。

 

ワームの前に独立した「中通しオモリ」をつけるのがキャロライナリグ。

ワームより先にシンカーが動くから、浮力のあるワームをゆっくりフォールさせることができるメリットがある。

それとは別に、水平に巻くことが可能になる

 

“水平に引ける”と、均一のレンジ攻略に効果を発揮する

タチウオは立って泳ぐため、水底より1m上が捕食レンジになる。

ここでじっくりエサを見せることのできるリグは、有効な手段になるとわかるでしょう。

 

そのシステムを簡単に作れるのが「Mキャロ

エサでもルアーでも、魚がアタックしてきやすいのは圧倒的にフォール時が多い。

その時間を長く取れるMキャロは、理に叶っているリグの1つだというのに……。

スポンサーリンク

Mキャロで狙う陸っぱりタチウオのススメ

ハイシーズンで群れが入っている時は、「とにかく口元に持っていけばいい」から、重いジグヘッドでとっとと捕食レンジに落とすのが手っ取り早い。

Mキャロで狙うタチウオは、シーズンの境界線に有効。

数は居ないけどどこかで釣れているような時期……つまりは低活性時がメインとなる。

 

「カマスやシーバスを狙うついでに、タチウオを探索してみよう!」

なんて時にオススメなのがこの方法。

 Mキャロはリグ全体のバランスが最重要!

フォールが重要な釣りになるので、Mキャロのポイントはバランスです。

シンカーよりルアーを軽くしないと、折角の自然なフォールドが阻害されてしまう。

 

 

リグの先端にかける負荷は、Mキャロの「マイナス3g前後」が望ましい。

 

ここで問題なのが、タチウオ用のジグヘッドは10g超くらいしか存在しないこと。

Mキャロが4~11gのラインナップなので、ワームを含む重量は10g以下が望ましいのに、どうしても超えてしまいやすい。

ジグヘッドはシーバス用か「SGヘッドBT」かな。

ワームフックだけを変えれる同社の「Slidin’ Head Heavy」もおすすめ。

カーブフォールが命のMキャロサーベル釣法

Mキャロの生命線は緩やかなフォール。

なので時間のかかる釣りになりやすく、水深があったり流れが強いポイントだと、短気には向いていない気もする。

http://tict-net.com/product/mcaro.html

 

一度フルキャストして、着底までの時間を計測しましょう。

あとは魚の居そうなレンジに、時間を合わせて刻んでいくだけ。

 

Mキャロサーベル釣法は、低活性時の「立ち泳ぎだけしているタチウオ」向けのやり方。

周りのワインドやジギングの方が釣れているなら、早い動きの「リアクション」に反応しているわけだから、頭を切り替えること。

そんな時のために、1/2ozのワインド用ジグヘッドも用意しておけば、Mキャロを付けたままでも対応できます。

タックルバランスは中型シーバス用で十分

 

 

特別長いロッドを使う理由もないし、硬いのを選ぶ必要もない。

シーバス用の「ML~Mの8ftクラス」で十分。

タモを使わず堤防上にぶち抜くことを想定するならば、「Mクラス以上9ft」が望ましい。

 

リールは3000番のライトソルト向けで十分。メインラインはPE1号前後。

リーダーはどれだけ太くしても、タチウオの歯がまともに当たると切れます。

Mキャロを繋ぐ箇所を25lb、ジグヘッドを繋ぐ部分を20~25lbにするかワイヤーを使用し、それでも不安ならビニールパイプなどで保護しましょう。

夜光タイプなら集魚も期待できるしね。

インプレルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生