携帯レジャーシート「タフケットmini」でどこでも紳士であれ!

 

サーフ(砂浜)の釣りは座るのが面倒

直に座ると砂がまぶされるし、椅子の脚は埋もれるし、クーラーは嫌な音を立ててしまう。

そんな時は、何か敷物が欲しいですね。

 

いついかなる時も紳士であるために、携帯できるレジャーシートがあると便利そう。

「タフケットmini」が、その希望を叶えてくれる。

スポンサーリンク

釣りや登山などアウトドアで活躍できる「タフケットmini」

 

どこでも座れるようになるコンパクトなレジャーシート【今日のライフハックツール】

 

『タフケットmini』は小型に折り畳めるレジャーシート。

素材も丈夫で、岩の上に敷いても大丈夫

磯釣りなどでゴツゴツしたところで、時合をボーッと立って待つよりも、座りつつLINEで会話するのも悪くない。

 

タフケットminiは手に収まるサイズなので、カラビナとかで結びつけておける。

リュックやベストのどこかに付けておけば、いざって時に忘れることもないでしょう。

「わりと大きいのを小さく収納するのは面倒じゃない?」

収納をサポートしてくれる折り目ガイドがあるので、二度と戻らない的なことはないでしょう。

防水に関しては、撥水処理こそしてありますが、定期的に撥水スプレーをかけるほうがいい。

水たまりにしいて「この上を歩いてご覧?」はOKだけど、「一緒に座ろうか」は染み込んできてぶん殴られると思う。

 

 

海の釣りでは小さいマットレスを持っていってるけど、これがあれば要らなくなるし、スペースも空くなぁ。

アウトドア全般に使えるし、ポケットに収納できるから便利ですねぇ。

夜釣りなら寝転びつつ、天体観測するのもいいんじゃないかな。

タックル・小物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生