「チャタビー85」をサーフだけで使うならこう使う!

85mm・31gの大型レンジバイブ「チャタビー85」は、外洋キャスティングを主戦場にするアングラーにうってつけ。

磯・サーフ・沖と場所を選ばず使えますが、今記事はサーフに焦点を当てた内容。

ビッグベイトシーズンにガッチリハマるチャタビー85は、遠投性を活かしてボトムのフラットを根こそぎ釣りまくれる!

スポンサーリンク

ジャンプライズ「チャタビー85」の特徴

インパクトのある特徴は、レンジバイブながら85mmの特大サイズであること。樹脂製でこの大きさは稀ですね。

それでいて31gと丁度いい重さであり、サーフや磯などでキャスティングすることも容易。その遠投性から、遠くの深いレンジを攻めれるルアーとして武器になります。

チャタビー85
◆説明◆ 外洋ランカーハンティング専用設計!チャタビー85誕生! シーバスのみならず様々なターゲットに対して有効性が証明されているバイブレーション。 ヒラスズキ、フラットフィッシュ、青物、鯛類など。 しかし市場に存在するバイブレーションは素材や構造の基準がシーバスゲームを想定して造られている。 はたして外洋のビッグター...

アクションは基本のバイブレーションに、たまに不規則なスライドをする仕様。

これはリトリーブを速くするほど顕著になり、不規則な動きで相手を誘惑します。ようはイージーにトゥイッチを入れてくれる感覚。引き抵抗は強めだけど、たまに「スコッ」と抜ける感覚が面白い。

ただ一つ難点があるとすれば、使えるロッドを選ぶ必要があること。

チャタビー85に向いているロッドはパリッとしたMクラス以上

レンジバイブらしい引き抵抗があるので、ティップが弱めのシーバスモデルだと、ルアーの重さに余裕を持っていかれすぎて、繊細なバイトがわかりにくくなります。

抵抗が強いルアーを簡単に操作するには、硬めのロッドを選べばいいだけ。

同社の「オールウェイク110スーパーマルチ」があれば、サーフルアーで困ることはまず無いでしょう。

他社でもフラットモデルはティップが硬めなので、胴から曲がるスローテーパーを選びつつ、適合ルアーウェイト最大40gを選べば問題ないでしょう。

Mクラス以上なら固さも申し分ないから、チャタビー85を操作するには十分。巻くだけで釣れますよ!

サーフはボトムを取ってから巻くだけで十分

80mは飛ぶし、重くボトムも取りやすし、レンジバイブの特性で下のレンジを通しやすいため、サーフのフラット狙いに適しています。

水深は3m以上が望ましく、それより浅い”遠浅サーフ”では、速く巻かないと底をズルだけの貝掘りルアーになりかねません。速いリトリーブに対応するためにも、硬めのロッドが必要になるわけです。

ヒラメやマゴチ狙いなら、チャタビーを投げてボトムを取り、あとは底をずらない程度に巻けばいいだけ。

上がりすぎたなーって時はストップし、誘いついでにレンジコントロール。ボトムを着かず離れずを心がければ、釣果はしっかりついてきます。

スポンサーリンク

【終】秋から冬の高活性&ビッグベイトシーズンを戦い抜こう!

チャタビー85はアピール力が高いので、高活性の秋シーズンが特にオススメ。

冬のビッグベイトシーズンには、カラーよりもフラッシュで誘引するアプローチが効果的でしょう。

チャタビーシリーズは、リトリーブ中のストップで起きる”スライド”が武器になります。均一な速度ではなく、巻きにメリハリをつけると効果的!

おすすめのルアーカラーは?

フラット相手に限定すれば、マヅメ帯ならピンクか金色系、日中ならグリーンにナチュラル系が無難でしょう。

夜明けと日没を主にやる人なら、サンライズチャートがオススメ。

低い太陽は赤い光線が届きやすく、金色が特に反射してくれるんですよ。だからヒラメだとマヅメはゴールド系が強いんです。

チャートカラーなら暗くても見やすいため、このカラーはマヅメを戦うには最適です!

タイトルとURLをコピーしました